オリオン、台湾で人気

2016年10月19日

 オリオンビール(浦添市、嘉手苅義男社長)の台湾での認知度が着実に向上している。1997年大手日系ビールメーカーが販売していなかった樽(たる)生の展開をはじめ、2015年に台湾コンビニのファミリーマートの定番商品として販売を始めた。15年度の台湾輸出量は前年度比72%増の1648キロリットルで過...

続きを見る
琉球新報