かりゆし、2000室に倍増 20年目標に4ホテル建設計画

2016年12月29日

県内ホテル大手のかりゆし(那覇市、當山智士社長)が、2020年までに新たに4ホテルを整備し、客室総数を現在の1060室から倍増の2千室へ拡大することを計画していることが、28日までに分かった。新ホテルは那覇市と恩納村、宜野座村などで計画されている。  同社は現在、那覇市や恩納村、石垣市に計7ホテ...

続きを見る
琉球新報