「幻の食材」カレーリーフ、沖縄産が人気 4年で5倍

2016年12月10日

インドカレーなどに使われるスパイス、県産「オオバゲッキツ(通称カレーリーフ)」の需要が高まり、那覇植物防疫事務所での検査実績が4年で5倍と急増している。植物防疫法により、病害虫の移動を防ぐためカレーリーフを県外へ持ち出す際には検査を受ける必要がある。同事務所によると、2015年の検査実績は過去...

続きを見る
琉球新報