酒類課税9年ぶり増 13年度県内、ビール好調推移

2014年6月18日

<<<県内の酒類出荷量・課税高>>> 沖縄国税事務所は17日、県内酒造会社が2013年度に出荷した酒類の課税状況を発表した。課税高は、前年度比0・7%増の109億6400万円で9年ぶりに増加した。泡盛の課税高と出荷量は9年連続で減少したが、入域観光客数の増加などでビールが好調に推移し、全体を押し上げた。出荷量も1・3%増の7万4246キロリットルとなり、6年ぶりに増加した。
続きを読む >>>



続きを見る
琉球新報