沖縄赴任経験者らが瑞泉古酒の会

2014年7月12日

 泡盛を愛好する沖縄赴任経験者らが集う第11回「瑞泉古酒の会」(会長・佐々木信行元日銀那覇支店長)が10日、東京都のホテルグランドヒル市ケ谷で開かれ、約400人が古酒を片手に親交を深めた=写真。同会は2004年から15年古酒をつぎ足ししており、ことしは熟成された26年古酒を沖縄赴任経験者らがたしなんだ。瑞泉酒造の佐久本学社長は「コミュニケーションツールに琉球泡盛を活用してほしい」とあいさつした。



続きを見る
琉球新報