新栽培法で3割節電 ぐしけん、野菜工場にLED照明

2014年4月29日

 密閉空間で光や温度などを調節して野菜を栽培する植物工場を運営するパンメーカーのぐしけん(うるま市、具志堅久雄社長)が、工場運用の技術改良を進めている。昭和電工(東京都、市川秀夫社長)の発光ダイオード(LED)照明を使用した高速栽培技術「Shigyo(シギョウ)法」を導入し、電気代を従来の3割減に成功した。続きを読む >>>



続きを見る
琉球新報