加工強化へ新2工場 勝山シークヮーサー、生産拡大

2014年6月26日

<<<ペットボトルの充填ラインが整備された新工場=25日、名護市の勝山シークヮーサー>>>
<<<2工場の落成と創立10周年を祝い開いた記念式典=25日、名護市の勝山シークヮーサー>>> 【名護】シークヮーサーの栽培、加工、販売事業を行う勝山シークヮーサー(名護市、山川良勝社長)は国や名護市の補助事業を活用し、ペットボトル充填(じゅうてん)施設と農産物処理加工施設の2工場を新設した。これまで外注に頼っていた部分が、自社製造に切り替わることになり、在来のかんきつ類などを材料に小ロットでの多品目生産が可能になった。6次産業化を進め、生産拡大による農家の経営安定化、担い手育成などに取り組む。
続きを読む >>>



続きを見る
琉球新報