世界唯一の国際セミナー「沖縄伝統空手・古武道国際セミナー」7/14~19開催

2014年5月30日

「沖縄県と沖縄伝統空手道振興会は、沖縄伝統空手道・古武道の技法や、精神性の伝統を次世代に継承するとともに、世界に向け発信することを目的とし、第二回沖縄伝統空手・古武道国際セミナーを、2014年7月14日(月)から7月19日(土)まで、沖縄県立武道館(沖縄県那覇市奥武山町52、奥武山公園武道館内)にて開催。

005

沖縄に起源を発する空手は、世界へと広がり、現在では187カ国以上、 約6,000万人が愛好する国際的な武道として発展を遂げてきました。勝敗にこだわる空手の競技化の傾向が強まる一方、型や鍛錬を重視し、沖縄独自の歴史・文化を背景に醸成されてきた「守礼の心」に代表される高い精神性に凝縮された沖縄伝統空手は、特に空手歴の長い高段者や他の武道関係者、そして海外からも注目を集めています。
 
このセミナーは、少林流系(少林流、小林流、松林流)、剛柔流系、上地流系、古武道の、流派を超えた全てのプログラムに参加することができるだけでなく、空手発祥の地・沖縄の空手縁の地を巡るツアーも含まれており、技術のみならず、その歴史に直に触れることができる世界唯一の国際セミナーです。
 
開催に際し、主催である沖縄伝統空手道振興会理事長喜友名 朝孝(きゆうな ちょうこう)は、
「流派ごとに開く従来のセミナーとは異なり、各流派が共同して沖縄伝統空手道の6流派の稽古と古武道を、参加者全員に体験してもらおうという画期的な内容です。これにより、沖縄伝統空手の多様性を学ぶとともに、流派を超えた沖縄伝統空手の真髄を体験していただければと思います」と語っています。
 
一般参加受付は、沖縄伝統空手道振興会ホームページより、6月30日(月)18:00まで行っています。

 

第二回沖縄伝統空手・古武道国際セミナー

■ 場所:沖縄県立武道館(沖縄県那覇市奥武山町52、奥武山公園武道館内)
 
■ 期間:2014年7月14日(月)~ 7月19日(土) 6日間
 
■ 参加費用:20,000円(全日程参加費用、空手縁の地巡り旅行代金、フェアウェルパーティ参加費用含む)
 
■ 主催:沖縄県、沖縄伝統空手道振興会
 

沖縄伝統空手・古武道国際セミナー申し込み

URL: http://karate-otkk.jp/ja/
 
本セミナーは、流派や会派を問わず、空手愛好家(空手経験者)であればどなたでも参加できます

 

全日程詳細スケジュール

■ 主な日程と会場:
 
7月14日(月)沖縄県立武道館
9:00-9:40 開会式
10:00-17:30 剛柔流セミナー
 
7月15日(火)沖縄本島
8:30-17:00 空手縁の地巡り
・ 識名園
・ 首里城
・ 玉陵
・ 沖縄県平和祈念資料館、平和の礎
 
7月16日(水)沖縄県立武道館
10:00-17:30 少林流系セミナー(少林流、小林流、松林流)
 
7月17日(木)沖縄県立武道館
10:00-17:30 上地流系セミナー
 
7月18日(金)奥武山公園武道館
10:00-17:30 古武道セミナー
 
7月19日(土)沖縄県立武道館
10:00-12:30 閉会式
17:00 フェアウェルパーティ
 
※ 糸満市サザンビーチホテル・リゾート