ヤマト・ANAが提携強化 那覇空港物流ハブ活用

2014年5月31日

<<<握手を交わすヤマト運輸の山内雅喜社長(左)とANAカーゴの岡田晃社長。手前は沖縄県章をあしらった貨物機の模型=30日、東京都港区>>> 【東京】宅配便大手のヤマト運輸(東京、山内雅喜社長)は、那覇空港を物流拠点(ハブ)とする国際航空貨物事業を活用し、現在の日本から香港向けに加え、シンガポールと台湾向けの「国際クール宅急便」を年内に始める。続きを読む >>>



続きを見る
琉球新報