サトウキビ共済、引受率最高50%超 干ばつ、病害虫影響

2014年6月29日

<<<サトウキビ共済10カ年の面積加入の推移>>> 度重なる台風被害や害虫被害によってサトウキビの共済加入率が、増加している。作付面積のうち共済に加入している割合(引受率)が、2014年産は50・1%と最高水準を突破する見込みだ。県農業共済組合は「徐々に加入率が伸びてきている。少しずつ農家に認知されつつある」と話している。
続きを読む >>>



続きを見る
琉球新報