TPP影響200億円 畜産分野厳しく JA沖縄中央会試算

2016年6月29日

JA沖縄中央会の砂川博紀会長は28日、環太平洋連携協定(TPP)が発効した場合の県内農業への影響について「悲観的に見て、畜産分野を中心に約200億円に上る」との内部試算を明らかにした。2015年10月のTPP大筋合意の内容を踏まえ、県内への影響の推計が示されるのは初めて。砂川氏は国に対し、持続...

続きを見る
琉球新報