高専と沖ハムで乳酸菌飲料 沖縄県産パイン活用、きょう発売

2017年6月29日

【読谷】沖縄ハム総合食品(長濱徳勝社長)と国立沖縄工業高等専門学校生物資源工学科の池松真也教授の研究チームは28日、県産パイナップルから発見した乳酸菌を使った清涼飲料水「乳酸菌いっパイン」の発売を発表した。乳酸菌400億個を配合し、腸内の善玉菌を優位に保ち腸内環境改善などの働きを持つ。甘酸っぱ...

続きを見る
琉球新報