熊本米使った「泡盛」 久米仙酒造が開発

2018年9月26日

久米仙酒造(比嘉洋一社長)は、熊本産の米を使った泡盛「日本泡盛」を開発し、限定5千本で販売している。泡盛の原料はタイ米が主流だが、米作りで日本遺産に認定されている熊本県の菊池川流域で育った米ヒノヒカリを使い、従来の泡盛と同じ製造方法で製造した。食べてもおいしい日本米の、甘い香りとまろやかさが特...

続きを見る
琉球新報