沖縄県、殺虫剤散布を呼び掛け 害虫ガ侵入 まん延防止へ対策会議

2019年8月7日

トウモロコシやサトウキビ、イネなどの植物に被害を与える害虫のガ「ツマジロクサヨトウ」が沖縄県内でも確認されたことを受け、県農林水産部は6日、農業団体や市町村の担当者らを集めた対策会議を那覇市おもろまちの那覇第2地方合同庁舎で開いた。会議には約80人が参加し、農林水産省の職員がまん延防止に向けた対策...

続きを見る
琉球新報