沖縄から県外 9年ぶりに「転出」が上回る 若い世代が正社員の職求めて県外へ

2018年4月10日

南西地域産業活性化センター(NIAC、石嶺伝一郎会長)は9日、沖縄の人口動態の分析結果を発表した。2017年の沖縄の社会増減(転入者数から転出者数を引いた数値)はマイナス25人になり、08年以来の「転出超」となった。留学などのため海外から沖縄へ転入する外国人は多いものの、好景気に伴って就職先を...

続きを見る
琉球新報