国際規格で安全向上へ JAおきなわ 食肉施設、認定目指す

2016年7月24日

JAおきなわ(大城勉理事長)は、管理する県食肉センターやミートパーツセンターなど食肉加工4施設で、食品衛生管理の国際規格・HACCP(ハサップ)の認定を進める。消費者の要求が高まっている食の安全性向上や海外輸出の促進につなげたい考えだ。JAによると県内畜産分野では乳業などでハサップ認証事例があ...

続きを見る
琉球新報