全国の特産品、海外へ 県物産公社、那覇空港ハブ活用

2014年8月29日

 県物産公社(小嶺淳社長)は那覇空港を中継拠点(ハブ)とする国際航空貨物事業を活用し、県産品だけでなく、全国の特産品の海外販路開拓や卸売り事業に本格的に乗り出す。同社は既に静岡県と提携し、試験的に同県のトマトやイチゴの香港輸出に携わっている。続きを読む >>>

続きを見る
琉球新報