上限撤廃を答申 建設業審議会 県工事の制限価格

2016年1月15日

県発注工事の最低制限価格上限の引き上げについて審議してきた県建設業審議会(会長・大城郁寛琉球大教授)は14日、県庁に浦崎唯昭副知事を訪ね、最低制限価格の上限を撤廃するほか、同価格を算出する算定式の一般管理費掛け率を現行の60%から70%に引き上げるよう答申した。県は本年度中に最低制限価格の上限...

続きを見る
琉球新報