キャンプ重なり客室不足 春節で外国人観光客が増加

2015年2月19日

18日から始まった中華圏の春節(旧正月)の影響で外国人の入域観光客が急増している。県内ではプロ野球のキャンプや修学旅行などのシーズンとも重なり、ホテルの客室数が不足し、19〜21日はほぼ満室のホテルも出ている。 続きを読む >>>

続きを見る
琉球新報