デパートリウボウ2階に「樂園CAFE」を2018年10月23日(火)オープン

2018年10月18日

株式会社リウボウインダストリー(本社:沖縄県那覇市、代表取締役社長:糸数 剛一、以下 デパートリウボウ)は、沖縄・日本・海外から厳選した食品・コスメ・ライフスタイル雑貨などの「いいモノ」を提案するライフスタイルブランド『樂園百貨店(らくえんひゃっかてん)』の新展開として、併設するカフェ「樂園CAFE」を2018年10月23日(火)、2階にオープンいたします。

 

 

■本質的な沖縄と、気分が上がる楽園の沖縄

「本質的な沖縄と、気分が上がる、楽園の沖縄」をテーマに、インテリアデザインから建築、プロダクトまで手がけ国内外で活躍する沖縄出身の空間デザイナー真喜志 奈美氏を迎え入れ、ロゴや全体のビジュアル監修はRENEMIAの金城 博之氏が担当。沖縄の木材や素材、形状を取り入れながら、テラスと店内をつなげるユニークな仕掛けなど、オリジナルの「楽園感」を演出。百貨店だからこその落ち着きと、モダンで洗練された雰囲気でつい立ち寄りたくなる空間にしました。

 

■朝8時から、沖縄の美味しいを楽しめる

樂園CAFEは、沖縄県産、安心安全な食材を中心とし、「地産地消、からだにも美しい」といったコンセプトのもと、オーガニックの南国フルーツや島野菜をたっぷりと使い、国内外の観光客の方々にも十分楽しんでいただけるリゾート感たっぷりなメニューをラインナップしました。

カフェのメニュー開発および運営は、人気の島野菜レストラン「浮島ガーデン」を運営する南西食堂が担当します。朝の8時から営業し、モーニング・ランチ、夕方からはバーとして、また各種パーティーまで、様々に活用できる集いの場としてご利用いただけます。樂園CAFEの朝食セットは、沖縄の伝統的なお母さんの味「かちゅー湯」と、玄米おにぎりです。忙しい毎日で朝食を家で用意できない地元の方々から観光客まで、朝から沖縄の美味しいものを楽しめます。

健康長寿県復活に向けての取組と、沖縄の食文化の魅力、奥深さを県内のお客様はもちろん、日本国内外の観光客の方々に届けていきます。

 

■食文化の異なる海外のお客様にも対応

人種や宗教の壁をこえ、さらにはアレルギーの子供たちでも笑顔で食べられる、ヴィーガン(動物性・乳製品不使用)&アレルギーフリー・メニューもたくさんご用意。世界中の人たちがひとつのテーブルを囲む、現代の樂園がここにあります。

海外でも大きなムーブメントになっているヴィーガンのメニューを積極的に取りいれ、「美味しい」だけでなく、「美と健康」「ハラルやコーシャなどの宗教対応」「アレルギー対応」「地球環境への配慮」など、あらゆる角度からピースフルなメッセージを発信していきます。

 

■「樂園CAFE」SHOP DATA

所在地  : 〒900-8503 沖縄県那覇市久茂地1-1-1 デパートリウボウ2階

モノレール県庁前駅 連絡通路より徒歩1分

営業時間 : 8:00~21:00(1月1日定休日) L.O. 20:30

※「樂園百貨店」10:00~21:00(1月1日定休日)

席数   : 94席 ※テラス席有

TEL   : 098-867-1171(代表番号)

Website : http://www.resort-dept.okinawa