「キリンチューハイ ビターズ」が、発売わずか3週間で年間販売予定の約7割と好調!

2014年7月1日

kirin

 

キリンビール株式会社(社長 磯崎功典)が6月10日(火)に発売した「キリンチューハイ ビターズ」シリーズの販売数量が、発売からわずか3週間で年間販売予定の約7割となる、約67万ケース※1に達しました。※1 250ml×24本換算。

 

近年、RTD※2市場は拡大傾向が続いており、中でもストロングカテゴリーは伸長しています。一方で、当社が実施した調査において、ストロング系RTDユーザーの約6割が既存商品に不満を持っていることが明らかになりました。特に、“味が人工的”“甘さが強い”など、味わいに対してお客様が心から満足できていない現状があります。※2 Ready to Drinkの略。栓を開けてそのまま飲める低アルコール飲料。

 

そのようなRTDに対する不満をもとに、当社は“ビター”“ほろにがい”という新しい味覚軸に着目し、“果皮のほろにがい味わいを楽しむ、大人のビターチューハイ”をコンセプトに「キリンチューハイ ビターズ」を開発しました。本商品は、果皮やハーブから抽出した、“ビターリキュール”を使用しており、ほろにがい味わいが特長の商品です。お客様からは、「革新的な商品」「ほろにがさが大人の味でおいしい」「友人にも勧めたい」などのうれしいお声を頂いています。

 

キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。

 


1.商品名 /アルコール分:
「キリンチューハイ ビターズ ほろにがレモンライム」8%
「同 ほろにがグレープフルーツ」8%
「同 スパイシージンジャー」8%
2.発売地域:全国
3.発売日:2014年6月10日(火)
4.容量/容器:350ml缶、500ml缶
5.価格:オープン価格
6.販売予定数:「キリンチューハイ ビターズ」シリーズ計約100万ケース(6,000KL)※250ml×24本換算
7.製造工場:キリンディスティラリー富士御殿場蒸溜所、キリンビール取手工場、岡山工場