結婚式にあったら嬉しいサービスは 「託児所」「ベビールーム」「キッズ向けメニューやグッズ」

2014年3月28日

kettkon

 

株式会社ウエディングパークが運営する「ガールズスタイルLABO(GSL)※1」は、株式会社サイバーエージェントが運営するママ向けクラウドソーシングサービス「mama&crowd(ママ&クラウド)」と女性220名を対象に『子どもゲストとパートナー』に関する調査を共同実施致しました。

 

『結婚式に子どもを連れて行くことに抵抗がありますか(単一回答)』という質問に約8割の女性が「ある」と回答、『結婚式場にあったらいいと思う子ども向けサービスを教えて下さい(自由回答)』という質問では、「託児所」「ベビールーム」「キッズ向けメニューやグッズ」等に多数の回答が集まりました。

 

[調査結果]

■女性の8割「自分の子どもを結婚式に連れて行くことに抵抗がある」
未婚女性「大泣きで雰囲気が台無しになりそう」 ママ「授乳場所が新郎新婦の控え室!?」
欲しいサービスは「託児所」「ベビールーム」「キッズ向けメニューやグッズ」

 

4f0105285d

 

 

■子どもが参加する結婚式で困ったこと

 

【未婚女性】
・花婿のご親族の赤ちゃんが、挙式中大泣きで、その赤ちゃんは結局途中で母親と外に出たものの、雰囲気が一瞬崩れてしまった。(20代後半)
・挙式中に大きい声を上げていて、新郎新婦もゲストもなんだか式に集中できなかった。困ったというより、私の式の時はちょっと嫌だなぁと思ってしまった。(20代後半)
・肝心なところで泣き出したりぐずり出したりと良い印象はなかった(20代後半)

 

【ママ】
・5カ月の子供と参列。母親でなければ泣く時期で、ずっと抱っこをしていました。体重も増えてきた頃なので、とても体力を使いました。無理したせいで両手が腱鞘炎になり、それから娘が一人で歩くまでまともに抱っこすることが出来ませんでした…もちろん式での食事もほとんどできませんでした。(30代後半)
・当時子供が2歳で他の参列者に人見知り。新郎新婦の入場の際、花嫁さんに近寄りたくて席を立ち、ビデオレターやスピーチの途中でトイレ。料理は可愛かったけど、食べにくくソースでべたべたになりました。(30代後半)
・4歳と5カ月の子供たち同伴で、義弟の結婚式に参列しました。とても手狭な会場だったため、下の子を抱っこしての着席は少々窮屈に感じました。レストランウエディングということもあってか、全体的にスペースにゆとりがなく(そのうえでゲストの出席数が多めだったので余計に)、トイレなどもコミコミに。授乳室はなく、空きの個室もないことから、授乳・おむつ交換は新郎新婦のお支度部屋でとのことでした。義弟のお嫁さんはとても理解のある方でしたが、一生に一度の晴れ姿をお支度しているすぐ横でのおむつ交換は申し訳ない気持ちでいっぱいでした。また、披露宴会場は1F、新郎新婦控室は3Fエレベーターなしの移動だったので、結構大変でした。(30代後半)

 

詳しい調査内容の資料は下記のアドレスから確認が可能です。
https://contents-king-pub.weddingpark.net/doc/press/20140327pressrelease.pdf