交通場面の危険を予測することができる動画『「実写版」危険予知トレーニング』

2014年4月11日

jaf

 

JAFは、車の運転中に出会うさまざまな交通場面の危険を予測することができる動画『「実写版」危険予知トレーニング』を4月11日(金)にホームページとYouTube内公式アカウントにて公開。

 

危険予知トレーニングとは、交通安全教育において事故防止効果のある手法とされており、道路交通に潜む危険を事前に予測し、適切に対応することにより交通事故を未然に防止しようとするものです。このトレーニングにより、「安全」に危険な場面を覚えることで、予測する能力を身につけることができます。

 

今回公開したのは、「住宅街編」「夜間編」「雨天編」「自転車編」の4場面で、自動車ドライバーだけではなく、幅広い道路利用者に役立てていただけるよう、自転車や歩行者の立場に立った内容になっております。

 

映像を見ることによって様々な予測ができるので、一度ご覧になってはいかがでしょうか?

 

「住宅街編」

 

「夜間編」