世界初!「疲れ」「眠気」をお知らせするメガネ。JINS MEME(ジンズ・ミーム)

2014年5月14日

株式会社ジェイアイエヌは、「疲れ」・「眠気」を可視化するJINS独自の眼電位センシング技術を採用のセンシング・アイウエア市場を切り拓く、JINS次世代戦略商品・JINS MEME(ジンズ・ミーム)2015年春、国内発売開始
 

古来より「目は口ほどに物をいう」と例えられるように、脳の出先器官である眼の動きは、常に脳と連動し、人間の内面を反映したさまざまな情報をシグナルとして発しています。眼の動きを継続的にとらえることにより、人間個人のより深いところから得られる深度及び精度の高いデ-タである「Deep Data(ディープ・データ)」の取得が可能となります。
 

デザインとラインアップ

「JINS MEME」のデザインには、SWdesignの和田智(わだ さとし)氏に監修を依頼。従来のアイウエアとは全く異なるアプローチを通じ、日常的に使用することのできる「普通のメガネ」としてのたたずまいを保ちながら、テクノロジーと機能性を融合させたデザインを実現しました。
 

001
最もメガネらしくファッション用途から普段使いまで幅広い、ウェリントンタイプ

 

002
最もメガネらしくファッション用途から普段使いまで幅広い、ウェリントンタイプ スポーツやドライブシーンでの使用に最適なサングラスタイプ

 

003
フレームが気にならず、ビジネス用途にも最適なハーフリムタイプ

 
 

スマートフォン連動アプリにより、シーンに応じた自分の状態をリアルタイムでマネジメント

「JINS MEME」で取得したリアルタイムデータは、スマートフォンの専用アプリケーションを通じて、以下3つのシーンに応じて表示されます。
 
1:オフィスシーンでの使用
「JINS MEME」では、眼の動きから、オフィス作業時の疲れや集中度を割り出すことができます。自分がどれだけ疲れているかを、JINSが独自に開発した疲労指数 「me(ミー:Mental Energy)」を通じて可視化。オフィスなどでの疲労を常にマネジメントできるようになります。
 
2:ドライブシーンでの使用
人は眠くなると眼の動きが変化します。眠気が増すとドライバーの眼は特有の動きを示します。 今回、「JINS MEME」では、芝浦工業大学・加納先生との共同研究をすすめ独自のアルゴリズムを構築。ドライバーの眠気の兆候を事前に察知し、アラートする機能の構築を目指しています。
 
3:フィットネスシーンでの使用
頭部の動きは、他の体の部位に比べ、重心や体軸など重要な体の動きを反映します。「JINS MEME」では、フレームに内蔵された六軸(加速度・角速度)センサーにより、頭部の微細な動きをキャッチ。腕などに装着するリストバンド型のセンシングデバイスに比べ、より正確に、歩数カウントや活動量の計算を行うことができます。また、専用のアプリケーションにより、ランニングや歩行中の体の傾きやブレをリアルタイムに把握することもできるため、今話題の「体軸」や 「体幹」を意識した最新のトレーニング理論を手軽に実践することが可能となります。
 
 

JINS MEME開発の背景

JINSではこれまで、「アイウエアを通じて人々の生活を豊かにする」を理念として、アイウエア業界の常識を覆すさまざまなイノベーションに挑戦してまいりました。特に、2011年9月に発売され、累計販売本数350万本(2014年2月末時点、度なし・度付含む)を突破した「JINS PC」は、「眼を守る」という付加価値をアイウエアに与え、普段視力矯正メガネを必要としない人々をも巻き込んだ「機能性アイウエア」という新市場の創出に成功しました。そして今回、JINSが考えるイノベーションの定義をさらに拡大し、これまでアイウエアの中心的役割であった「外を見る」(又は「目の前の世界を見る」)という機能からのパラダイムシフトに挑戦。約4年の歳月を費やし、人間の五感の約9割を占める「眼(視覚)」が持つ膨大な情報量に着目し、「自分を見る」をコンセプトにした次世代戦略商品の商品化を進めてまいりました。現代人の安全で快適、健康的な日々の生活を支えるために不可欠な「疲れ」や「眠気」などの重要情報の可視化、管理が可能となる「JINS MEME」の投入により、機能性アイウエアを超える「センシング・アイウエア市場」の創造に挑戦してまいります。

 

004

 
商品ホームページ URL: www.jins-jp.com/jinsmeme/