カンタンに3D地図プリント「rinkakでこぼこ地図」

2014年4月24日

株式会社カブクは3Dプリントできる3D地図サービス「rinkakでこぼこ地図(https://www.rinkak.com/map3d)」を開発し、地図の日の2014年4月19日に正式公開しました。
 

sub3

沖縄を南国な雰囲気に着色した3D地図

 

main

高さスケールを15にして、渋谷という谷を強調してみた3D地図

 

sub4

夏の新緑をイメージした着色の富士山の3D地図

 

でこぼこ地図は、だれでも簡単に3Dプリント可能な3D地図を作れるサービスです。ブラウザで表示した地図をワンクリックで3Dプリント可能な3D地図に変換できます。地図画像はオープンストリートマップ(3種類)と地理院地図の合計4種類を利用できます。
 
地図画像は自由に置き換えることができ、自分だけの3D地図を作ることもできます。3D地図はrinkak(りんかく)で製造できます。3D地図の大きさは5cm、7cm、10cm四方の3種類から選ぶことができ、費用はオープニングキャンペーンにつき最大50%OFFでそれぞれ2000円、4000円、6000円です。無料で3Dデータのダウンロードも可能です。
 
sub5

でこぼこ地図の主な特徴
(1)表示した地図エリアの3D地図を作れます。
(2)地図は4種類選べ、多様な3D地図を作れます。
(3)地図画像を置き換えて自分だけの3D地図を作れます。
(4)rinkakを使って3D地図を簡単にフルカラーで3Dプリントできます。

株式会社カブク