県産野菜高騰 台風が影響 ゴーヤーなど品薄に

2018年7月13日

台風7、8号が相次いで沖縄に襲来した影響で青果が品薄状態となり値上がりしている。特に県産夏野菜の代名詞「ヘチマ」「オクラ」「ゴーヤー」に影響が出ており、小売り価格は高い店舗で台風前の約2倍になった。入荷できない店舗もあり、県民生活を直撃している。  県中央卸売市場の沖縄協同青果の担当者によると、...

続きを見る
琉球新報