災害時の事業計画3.8% 帝国データ調査 全国15%と開き

2018年7月10日

帝国データバンク沖縄支店は9日、自然災害など緊急事態発生時の対応策をまとめた事業継続計画(BCP)に関して、沖縄県内企業の意識調査結果をまとめた。県内でBCPを「策定している」と回答した企業は3・8%で、全国の14・7%を大きく下回った。大手メーカーが取引企業のBCP策定を推進している県外に対...

続きを見る
琉球新報