琉球ネットワークサービスが7月よりセキュリティーソリューションを販売開始

2014年7月2日

(株)琉球ネットワークサービス(上原啓司CEO・洲鎌寿幸取締役)は、チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(株)と代理店契約を締結し、2014年7月よりファイヤーウォールをはじめとしたセキュリティソリューションを販売開始すると発表した。当初は沖縄県内SMB(中堅・中小企業)向けセールスを強化する方針。

001

中小企業でのセキュリティリスクの高まり

近年、進化したフィッシング詐欺などのサイバー攻撃による被害が増加し、特にサポートが切れたWindowsXPを継続利用しているケースの多い中小企業でのセキュリティリスクが高まっている。
チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ社はイスラエルと米国に本社を置く企業で、世界各国でセキュリティサービスを展開。全米企業の売上高ランキングトップ100(フォーチューン誌)企業の100%が同社製品を利用し、業界最高水準の堅牢なセキュリティを提供している。
 

トータルで企業のセキュリティを守ることが可能

琉球ネットワークサービスは、チェック・ポイントのソリューションを、専任担当者のいない中小企業でも容易に利用できる「手離れのいい」サービスとして提供することで販売拡大に繋げる計画。専用機器の販売だけではなく、より導入しやすいレンタルによる提供も行う。また、全米でアンチウィルスソフト新規販売ライセンスシェアNo.1であるWebroot(ウェブルート)社の製品も同時に販売開始する。チェックポイント社のサービスとパッケージ化し、トータルで企業のセキュリティを守ることの可能なサービスとして展開する。
 
現在、同サービスを展開するための2次代理店を県内で募集している。機器の不具合やエンドユーザ問い合わせなどの業務は、チェック・ポイント社、および大阪に本社のある(株)宝情報とサポート体制を構築しており、この2社からの営業支援も受けることが可能。販売店側にとっても「手離れのいい」ビジネスモデルとなっている。

株式会社琉球ネットワークサービス
沖縄県那覇市久米2-4-16 三井生命那覇ビル8階
TEL 098-864-1001(代表) FAX 098-864-0072
URL http://www.r-net.co.jp/