オンライン決済「SPIKE」日本での提供を開始

2014年4月16日

spike

 

メタップスは、オンライン決済サービス「SPIKE」のオープンベータ版を、日本国内で提供開始いたしました。

 

■SPIKEについて
通常、事業者がインターネット上でクレジットカード決済を導入する場合、決済ごとに平均約3%の手数料+30円程度のトランザクションフィーが発生します。また、決済機能をWebサイトやアプリケーションに導入する場合には、システム周りのプログラミングが必須であり、これらが導入ハードルを高めている要因にもなっています。「SPIKE」は、プログラミングが不要な上、リンクを設置するだけで決済機能をWebサイトに追加することができ、小規模事業者が最小限の労力とコストで導入できるオンライン決済サービスです。

 

■オンライン決済のフリーミアム化に向けて
「SPIKE」は、クラウドストレージなどのサービスと同様に、無料と有料の2つのプランを提供しオンライン決済の市場を「フリーミアム」に変えていきます。

 

<フリープラン>
個人事業主・小規模事業者向けの「フリープラン」では、初期費用・月額費用・決済手数料などが無料であり、月間100万円までの決済が利用できます。今後は、無料で利用できる月間の決済上限額を引き上げていき、最終的には完全無料での提供を目指します。

 

<ビジネスプレミアム>
中規模事業者向けの「ビジネスプレミアム」では、月額3,000円で、月間1,000万円までの決済については手数料が無料、月間1,000万円を超える部分に関しては2.5%の決済手数料と30円のトランザクションフィーでご利用になれます。ビジネスプレミアムについては、今後開発者向けのAPIの提供もおこなっていきます。

 

現在はオープンベータ版につき、「フリープラン」のみの提供になります。

 

【サービスURL】
http://spike.cc/