「試着」できるヘアサロン?!バーチャル試着から実店舗での購入までの顧客動向に関する実証実験について。

2014年4月30日

saron

 

株式会社東芝、東芝ソリューション株式会社、株式会社柿本榮三美容室は、ヘアサロンでの美容施術中にタブレットで選んだ服を同じヘアサロン内でバーチャル試着した利用者が、実店舗で購入するかなど顧客動向に関する実証実験を開始しています。

 

 

この実証実験では、利用者はまず、kakimoto armsにて診断されたパーソナルカラーをもとに、美容施術中に貸し出されたタブレットを使って上下100着以上の洋服の中から気に入った組み合わせを選びます。施術終了後、店内に設置してある大型ディスプレイにて、施術中に選んだ服を自分の体形に合わせてバーチャルで試着することができ、その場で洋服購入時に利用できる割引クーポンを入手できます。

 

東芝および東芝ソリューションは、ヘアスタイルやパーソナルカラーに合わせた服をバーチャル試着することによる実店舗への送客効果をこの実験を通して検証することで、顧客ニーズの発掘を含めたマーケティングデータの収集を行います。このデータを活用し、アパレル業界や美容業界などファッション関連の実店舗やECサイトを組み合わせたオムニチャンネル※注1の構築をめざし、2014年度下期の実用化に向けた開発を進めます。
 

kakimoto armsは日本で初めてヘアカラー専門のヘアカラーリストを育成し、利用者ひとりひとりの地毛の髪の色はもちろん、その人がもつ瞳の色・唇の色・肌の色調など、その人の生まれ持ったパーソナルカラーを診断しながらもっとも似合うヘアカラーリングを提案しています。本実証実験を通じて、施術前の「パーソナルカラー」を診断するカウンセリングから始まり、施術中にもタブレットを使用して利用者の似合う色を知ってもらい、最後にバーチャル試着を活用してヘアカラーに最も似合う「パーソナルカラー」に合わせたファッションコーディネート・サービスを提供します。

 

本システムは、東芝が監視カメラや画像認証システム分野向けに培ってきた高精度人物検出技術を応用した「体型センシング技術」で人のボディラインを検出し、本システム用に開発した「体型フィッティング技術」でボディラインに合うよう服の写真を画像処理することで、ひとりひとりの体形に合わせた試着を実現しています。予め準備する服の画像はサイズ毎に撮影する必要はなく、服1枚あたり1枚の写真で画像処理を行えるため、商品の入れ替えが多いアパレル店舗において、季節や流行に合った服や組み合わせをタイムリーにバーチャル試着できる環境を整えることができます。

 
■期間
2014年4月22日~5月31日 

■場所
kakimoto armsラゾーナ川崎プラザ店
神奈川県川崎市幸区堀川町72-1  LAZONA KAWASAKI PLAZA 2F

■対象
kakimoto armsラゾーナ川崎プラザ店にて、美容施術を行う女性のお客様

■実証実験内容
美容施術中に貸し出された専用タブレットを使い、パーソナルカラーに合った上下100着以上の洋服の中から好きなコーディネートを2通り選ぶことで、美容施術後に店内にある大型ディスプレイの前で選んだ服をバーチャル試着する。
試着した姿を写真撮影し、ディスプレイ上に表示されたQRコードを利用者の携帯電話やスマートフォン等で読み取ることで、試着した写真とその洋服の詳細状況を入手できる。
試着した服を購入する場合は、クーポンを利用して同じラゾーナ川崎プラザ内の協賛アパレルの実店舗にて購入が可能。

■協賛アパレルおよびブランド
株式会社アーバンリサーチ 「URBAN RESEARCH Store」
株式会社ベイクルーズ 「IENA SLOBE」「JOURNAL STANDARD relume」
株式会社ワールド「BISES OPAQUE」