視野を簡易測定するシステム開発 特支校などで活用 沖縄高専

2017年7月18日

沖縄工業高等専門学校の情報通信システム工学科が、特別支援学校の児童生徒の視野を簡単に測定できる「視野疑似体験システム」を開発した。同学科が独自に製作した機器とアプリケーションを使って、児童生徒が普段の生活で見えている範囲を明示化する。それを教員らが把握することで、授業などでの指導に役立てること...

続きを見る
琉球新報