日本初クーポンがいらないクーポンアプリ誕生  ~WAONと連携、全国のイオングループ約1,600店にて導入~

2014年7月16日

apuri

 

カタリナ マーケティング ジャパン株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:若林 学、以下 カタリナ)は、スーパーマーケットやドラッグストアで、レジでクーポンを見せることなく使える無料クーポンアプリ「カタリナアプリ」(iOS/Android版・無料)の提供を7月10日より開始しました。

 

「カタリナアプリ」は、クーポンの保管や持ち歩き、財布から探し出し提出する動作、携帯電話やスマートフォンの画面を見せる作業、有効期限の確認、クーポン対象商品と購入商品の確認、使用時の気恥ずかしさ…等、これまでクーポンの利用に障害となっていたものが一切なく、出したり見せたりする必要がない、全く新しいクーポンアプリです。

 

※食料品、日用雑貨を取り扱うスーパーマーケットの電子マネー/ポイントカード分野における、日本初のクーポンアプリです。

 

特設サイト:
http://catalinacoupons.jp
App Store:
https://itunes.apple.com/us/app/katarina-kupondepointomoraeru/id887483616?l=fr&ls=1&mt=8
Google Play:
https://play.google.com/store/apps/details?id=fr.snapp.cwalletjapon

 

【「カタリナアプリ」について】
■概要(使い方)
カタリナアプリは、レジでかざすタイプのクーポンとは違い、アプリ上に表示されているクーポンを選択し店頭で買い物をするだけで買い物をしたお店の会員システムのポイントが貯まる仕組みです。

 

 

■利用可能なチェーン
サービスを開始する7月10日時点では、イオンの電子マネー「WAON」と連携し、「イオン」「マックスバリュ」などイオングループ各店(※)にて利用可能です。また7月以降も様々なチェーンとの連携を予定しています。
※詳細な利用可能店舗は、ウェブサイト( http://catalinacoupons.jp )よりご確認ください。

 

■アプリの仕組み
カタリナアプリは、小売店の会員カード情報と連携しており、メーカーからの依頼で掲載するクーポンを消費者がアプリ上で選択し、小売店で対象の商品を購入すると、POSデータと紐づき、クーポン内容に応じたポイントが会員カード(システム)にポイントとして還元される仕組みです。

 

■今後の展望
“出さない”クーポンアプリ「カタリナ」は、従来のオフラインでのクーポン利用の常識を変え、生活者のライフスタイルを進化させます。
日常に欠かせないスーパー、ドラッグストアでのお買い物をお得に、そしてより楽しめるよう、使いやすさを重視し、日々サービスの向上に努め、日本全国のより多くのユーザー様にご利用いただくことを目指します。また、小売企業様・店舗様やメーカー様のご導入促進にも尽力し、ユーザー様により身近な店舗でご利用いただき、小売店様にはお客様のロイヤリティ向上、メーカー様には新商品のトライアルやPRに有効なアプリケーションを目指します。

 

【会社概要】
会社名: カタリナ マーケティング ジャパン株式会社
(Catalina Marketing Japan K.K.)
住所 : 東京都港区虎ノ門二丁目2番1号 JTビル15階
代表者: 代表取締役社長 若林 学(ワカバヤシ ガク)
設立 : 1999年7月13日
URL  : http://www.catmktg.co.jp/