多言語商品サービスアプリ「ペイク」 外国人観光客に人気 利用7割台湾女性

2016年12月17日

土産品などの商品バーコードをスキャンして、商品の情報が購入者の母語に合わせて表示される多言語商品サービスの需要が高まっている。2015年11月からサービスを提供しているPayke(ペイク、那覇市)が開発したアプリケーション「Payke」の対応商品数は現在約2万4千点に上り、利用者数も約2万人と...

続きを見る
琉球新報