名護のスプリングナレッジラボ 経金特区企業に県認定

2016年3月28日

県は28日、名護市が指定されている経済金融活性化特別地区(経金特区)の税制優遇対象企業に、金融に関するソフトウエア開発などを担うスプリングナレッジラボ(矢島洋一郎代表)を認定した。同日午後、県庁で認定書交付式があり、浦崎唯昭副知事が矢島代表に認定書を手交した。経金特区の認定企業は4社目となる。 ...

続きを見る
琉球新報