スマホで希少種判別 環境省とNTT 沖縄県内で実証実験

2019年5月22日

環境省とNTTドコモは、沖縄県内の郵便局や税関、空港の手荷物検査の現場などにスマートフォンのアプリケーションを配備し、希少種のカメの密猟や密輸防止に向けた実証実験を21日から開始した。  スマホでカメを撮影すると、画像認識エンジンを活用してリュウキュウヤマガメなど希少なカメかどうかを自動で判定する。...

続きを見る
琉球新報