【イベント】沖縄こどもの国「においでめぐる動物園」5月25日、26日の2日間開催

2019年5月16日

① 動物園にいる生きものの食べ物とうんちのにおいから体感と表現を通じてその生態を探る新感覚イベント。
② においのワークショップのスペシャリストと動物園、そして環境NGOのコラボイベント。
③ 本州以外での開催は初めてとなり、沖縄こどもの国ならではの4種の野生動物をテーマに開催。

 

 

公益財団法人世界自然保護基金ジャパン(所在地:東京都港区 会長:末吉竹二郎 以下、WWFジャパン)は、動物園にいる生きものの食べ物とうんちのにおいからその生態を探る新感覚イベント『においでめぐる動物園 -くんくんPlanetに出かけよう』を、においのワークショップのスペシャリスト井上尚子氏の協力を得て、沖縄こどもの国(沖縄県沖縄市)にて、5月25日、26日の2日間開催します。

 

本イベントでは、生きものの特徴が現れる「におい」から、その生きものの生態に興味を持ち理解を深めてもらうことを目的としています。「におい」の対象となるのは、沖縄こどもの国で飼育されているインドゾウ、キリン、ライオン、などIUCNのレッドリストにも掲載されている絶滅の恐れのある動物たちと琉球列島固有種であるリュウキュウイノシシです。5月25日のワークショップでは、動物園のバックヤードに入ったり、野生生物の生きる環境についてのグループワークをして、野生生物の生態について深めることができます。5月26日のスタンプラリーでは、参加者は、カップに入った対象となる動物のうんちのにおいを嗅いで言葉で表現し、配布するハンドブックに動物の糞の形をかたどったスタンプを押しながら園内を回り、楽しく動物の生態について学ぶことができます。

 

いつもは眺めるだけの地上で生きる哺乳類で最大のサイズを誇るインドゾウや、沖縄ならではの動物が野生で生息する環境で今何が起きているのかをWWFのスタッフからの解説とコミュニケーションを通じ、知識偏重となりがちな環境問題について、体感と表現を深めてもらうプログラムです。

日時 2019年5月25日(土)11:00-16:00(受付10:50)
2019年5月26日(日)10:30-15:30(受付終了15:00)
※雨天決行、荒天中止
場所 沖縄こどもの国 (沖縄県沖縄市胡屋5丁目7番1号)
参加費 25日は500円、26日は無料(別途沖縄こどもの国への入園料が必要)
対象 25日(土)対象年齢小学校4年生~中学校1年生
26日(日)どなたでも参加可能
※小学生以下の方は保護者の方と同伴でご参加ください
※推奨年令は小学校3年生以上
人数 25日(土)先着24名、26日(日)先着500名
対象の動物 インドゾウ、キリン、ライオン、リュウキュウイノシシを予定
イベントページ 5月25日(土)https://www.wwf.or.jp/event/organize/3956.html
5月26日(日)https://www.wwf.or.jp/event/organize/3957.html
主催:WWFジャパン 共催:沖縄こどもの国 企画協力:井上尚子(美術作家)