ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4453件

パッションフルーツ味、数量限定で発売 オリオン酎ハイ 甘みと香りが特徴

オリオンビールは25日、缶酎ハイ商品「WATTA(ワッタ)」(350ミリリットル缶)のパッションフルーツ味の2商品を数量限定で発売する。5月に発売して好評を得た「シークヮーサーフレーバー」に続く第2弾。オリオンブランドと県産素材がコラボした...

つづきはこちら

県内鶏卵、価格高騰 千葉の台風被害で不足 Mサイズ平均204円

千葉県を襲った台風15号の影響で県内の鶏卵価格が高騰している。鶏卵の主要産地である千葉で、台風被害で鶏舎が全壊したほか、換気扇が壊れて鶏が死んだ。鶏卵の供給量が不足して首都圏を中心に鶏卵価格が上がり、九州・沖縄エリアにも影響が及んでいる。9...

つづきはこちら

10%? 8%? どっち!? 消費増税・軽減税率でどう変わる? 私たちの暮らし

10月1日に消費税率が10%に引き上げられる。増税と同時に軽減税率の導入も始まり、外食やケータリングなどを除く飲食料品の税率は8%に据え置かれる。低所得者ほど消費税の負担が重くなる「逆進性」を緩和することが目的だが、支出の多い高所得者ほど恩...

つづきはこちら

沖縄から新事業を創出 琉球イノベーションプログラムがキックオフ

沖縄から新事業の種を創出する「琉球イノベーションプログラム(RIP)」(主催・野村証券那覇支店、野村総合研究所)のキックオフが20日、那覇市の同社で開かれた。経営者やクリエイターら約25人が参加。参加者は野村総研未来創発センターの支援を受け...

つづきはこちら

個性派民泊、那覇に登場 日建開発 キャンプ気分、和風も

不動産業の日建開発(那覇市)が、個性的な民泊施設を展開している。屋内でキャンプ気分を楽しめる施設や、日本風のデザインにこだわった民泊を那覇市内に開業した。  古いアパートの一室を活用して民泊施設にしており、外国客だけではなく県内客の利用も視...

つづきはこちら

平均変動率、6年連続で上昇 上昇率は2年連続全国一 観光好調で商業地に根強い需要

県企画部は19日、7月1日現在の県内基準地価の調査結果を発表した。林地を除く全用途の平均変動率は前年比プラス7・9%で、6年連続の上昇となった。上昇率は昨年に続き全国1位だった。用途別の平均変動率は住宅地がプラス6・3%、商業地が同12・0...

つづきはこちら

仕事帰りに乾杯! 新報空地あじま~る レモンサワー祭あすまで

沖縄サントリー(澤入和広社長)主催の「こだわり酒場のレモンサワー祭」が18日、那覇市泉崎の琉球新報社1階公開空地「あじま~る」で始まった。20日までの期間中、人気の高いレモンサワーと、えりすぐりの料理を楽しめる。  サントリーのレモンサワー...

つづきはこちら

沖縄、アジア最優秀寄港地に クルーズフォーラム 17年に続き2回目

アジアクルーズ市場の活性化を目指す「2019アジアクルーズフォーラム・チェジュ」が8月28~30日に韓国・済州島で開かれ、沖縄がアジア最優秀寄港地に選ばれた。寄港回数や沖縄の自然と文化、地理的優位性、CIQ(税関・出入国管理・検疫)の迅速性...

つづきはこちら

沖縄修学旅行 2年連続減 18年調査 県「少子化影響、今後も」

県文化観光スポーツ部は18日、2018年の修学旅行入込調査結果を発表した。修学旅行で沖縄を訪れた学校数は前年比0・8%(20校)減の2455校、人数は前年比0・7%(2910人)減の42万9224人と2年連続で減少した。県は「少子化で修学旅...

つづきはこちら

新報公開空地「あじま~る」愛称決定 屋上庭園「スカイガーデン」

琉球新報社は本社1階公開空地と9階屋上庭園の愛称を17日までに決めました。公開空地は「あじま~る」(ajimaar)、屋上庭園は「新報スカイガーデン」としました。  「あじま~る」は、うちなーぐちの「あじまー」(交差点)に琉球新報(ryuk...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 446