ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4270件

あの有名食堂の「沖縄ぜんざい」がアイスに! しかもスーパー、コンビニで買える・・・

沖縄明治乳業(浦添市、村田紳社長)は28日から、名護市のぜんざい有名店とのコラボ商品「名護ひがし食堂ぜんざいバー」を発売する。2017、18年に夏季限定で販売したところ終了後も問い合わせが多く寄せられるなど好評を得たことから、今夏も30万本...

つづきはこちら

1020万円相当!200キロ級17匹放流も… 釣り客への対応も苦慮 沖縄近海・・・

沖縄県が17日に沖縄近海での30キロ以上の大型クロマグロ(本マグロ)の漁獲停止命令を出したことについて、県内の一部漁業者から困惑の声が上がっている。八重山漁協では停止命令以降、200キロ級のクロマグロが17匹も取れたにもかかわらず、放流せざ...

つづきはこちら

沖縄県信用保証協会 2018年度決算で純利益が60%減

県信用保証協会(町田優会長)は24日に理事会を開き、2018年度決算を承認した。経常収入は、保証料が低い県融資制度の利用が増えたことで保証料収入が減少し、前期比7・2%減の19億2367万円だった。県融資制度は18年度に金利が下がり、限度額...

つづきはこちら

沖縄県の最北端! 絶景が楽しめる辺戸岬に観光案内所がオープン カフェや歴史展示も

【国頭】本島最北端の辺戸岬で、辺戸岬観光案内所「HEAD LINE」の落成式が24日にあった。国頭村、大宜味村、東村の観光情報を発信するほか、休憩所として利用できる。3村や国と県、与論町など関係者約100人が式典に出席した。RC造りの地上2...

つづきはこちら

カツデリ、来月1日から唐揚げ専門店を併設 全国フランチャイズも視野

とんかつデリバリーとテークアウト専門店のカツデリ(那覇市、照屋秀人社長)が6月1日、唐揚げのデリバリーとテークアウト専門店の「から匠(しょう)」を開店する。3月に県から「経営革新計画」の承認を受けており、新規事業展開で公的支援が受けられるた...

つづきはこちら

金秀グループ減収減益 3月期 売上高2・7%減1026億6700万円

金秀グループ(呉屋守将会長)は24日、減収減益となる2019年3月期決算を発表した。建設関連で人手不足の影響を受けたほか、スーパー3店舗が業態変更などで閉店したため、売上高は前期比2・7%減の1026億6700万円となった。建設資材や人件費...

つづきはこちら

沖縄都市モノレール4期連続増収増益 乗客5%増1905万7176人

沖縄都市モノレール(那覇市、美里義雅社長)は24日、2018年度の決算を発表した。入域観光客数増加に伴い乗客数も増加したことから、売上高は前期比6%増の40億8581万円、経常利益は同31・6%増の6億6173万円と4期連続の増収増益となっ...

つづきはこちら

教育資金融資 金額、件数とも過去最高に 沖縄振興開発金融公庫 「志望校が決ま・・・

沖縄振興開発金融公庫は23日、2018年度の教育資金融資実績を発表した。件数は前年度比0・9%増の2574件、融資額は同4%増の29億5700万円となり、ともに過去最高を記録した。公庫は教育資金制度の周知が進んだことや、進学意欲の高まりによ...

つづきはこちら

高校生が開発 沖縄の伝統作物を使ったヴィーガンの「島ヤサイそば」

沖縄県立中部農林高の3年生8人がこのほど、同校の「沖縄伝統島野菜普及プロジェクト」の一環で「島ヤサイそば」を開発した。29日から毎週水曜、うるま市の福祉事業所「レストランぶどうの木」で販売する。沖縄の伝統的農作物5種を使い、認知度が低い島野...

つづきはこちら

沖縄県の被害3000万円 与那国の大雨で農業施設、道路などに被害

沖縄県農林水産部は22日までに、与那国町で13日に降った記録的大雨で、県の農業施設などに約3千万円の被害が出たと被害額をまとめた。のり面崩壊や水路から水があふれ出たことによる道路の浸食が確認された。  農作物の大きな被害は現段階では確認され...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 427