ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3708件

ロボット、最新技術紹介 IT津梁まつり 29校、22社出展

沖縄県内最大級のIT体験イベント「IT津梁まつり2018」(主催・県、未来のIT人材創出促進事業受託コンソーシアム)が19日、豊見城市豊崎の豊見城市民体育館で始まった。工業高校や専門学校など29校、IT企業を中心に22社が出展し、最新のIT...

つづきはこちら

TSUTAYAサイトで「おしごと発見」 琉球新報の求人情報も掲載

琉球新報開発(那覇市、上間了社長)とTSUTAYA(東京、増田宗昭CEO)は19日、求人情報に関する提携を発表した。琉球新報開発が募集し、琉球新報で毎週月曜に別刷り発行する求人・就職情報「ウィークリー1」の求人広告が、TSUTAYAの求人情...

つづきはこちら

観光バス乗降場を検討 のうれんプラザ隣に 那覇市 秋設置目指す

 観光バスの停車が増えたことに伴う渋滞の緩和に向け、那覇市がのうれんプラザ(市樋川)隣の県有地に、新たな観光バス乗降場の設置を検討している。バス待機場は明治橋の仮設バスターミナルに、旭橋駅周辺地区再開発事業が終わり次第設置する方向で関係者と...

つづきはこちら

八重山観光客130万人突破 17年 クルーズ船増が要因

八重山の2017年入域観光客が同年11月時点で130万人を突破し、昨年の124万人を大きく上回った。クルーズ船寄港回数が前年比39%増の132回と大幅に増えたことが主な要因で、空路も国内外とも搭乗実績が前年を超えた。八重山ビジターズビューロ...

つづきはこちら

牛初競り、最高値137万円 沖縄・南部市場、子牛取引最高388頭

 【南部】沖縄県の南部家畜市場(糸満市武富)の2018年の牛の初競りが17日、開かれた。最高値は家畜市場運営委員長の大城勉JAおきなわ理事長が手綱を引いた華牛「百合安福」の137万7千円だった。子牛の取引頭数は過去最高の388頭で、成牛51...

つづきはこちら

沖縄県と台湾、貿易交流を促進 覚書締結、国際会議誘致も協力開催も

 沖縄県は17日、台湾の貿易振興機構の「中華民国対外貿易発展協会(TAITRA)」と経済交流促進に関する覚書(MOU)を締結した。台北市の台北国際会議センターで締結式があり、同県の富川盛武副知事と葉明水TAITRA秘書長が調印した。MICE...

つづきはこちら

瑞穂、北谷長老が創業170周年 100年以上は6社 18年の周年企業

帝国データバンク沖縄支店は16日、2018年に創業から10年単位の「周年記念」を迎える沖縄県内企業調査を発表した。瑞穂酒造(那覇市)、北谷長老酒造工場(北谷町)の創業170周年を筆頭に、業歴100年を超える長寿企業が6社あり、周年企業全体で...

つづきはこちら

沖縄、農業成長率全国1位 16年、5年で28%増 農家所得は8位

沖縄県の2016年農業産出額は11年比で28・1%増加し、伸び率で全国1位になった。全国平均の伸び率は同11・6%で、県内農業の成長率は全国平均の約2・4倍となった。商品生産を目的にした販売農家1戸当たりの生産農業所得は、16年に過去最高の...

つづきはこちら

IT活用で海ブドウ増産 量1.5倍、経営安定目指す OCC×琉球大×糸満市

沖縄県でIT企業のOCCと琉球大、糸満市が連携し、IoT(モノのインターネット)を活用した海ブドウ養殖技術の確立に取り組んでいる。海ブドウは海水温が高くなる夏場に生産が減る課題があるが、水温など水槽内の環境をセンサーでチェックし、光合成に使...

つづきはこちら

音楽満喫の沖縄を 北谷美浜「リンケンズホテル」開業 ライブに録音スタジオも

【北谷】りんけんバンドなど沖縄音楽エンターテインメント事業を手掛けるアジマァ(北谷町、照屋林賢社長)が管理・運営する宿泊施設「リンケンズホテル」が15日、北谷町美浜で開業した。施設内にはライブハウスやレコーディングスタジオなどを併設し「観・...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 371