ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3708件

沖縄美ら海水族館を県に移管 首里城と一括運営 18年度中、国と協議

首里城正殿などの移管に関する国と沖縄県の協議で、本部町の国営海洋博公園内にある沖縄美ら海水族館の管理運営についても、2018年度中に県に移管することを検討していることが30日、分かった。施設は国が所有した上で、都市公園法第5条に基づく設置管...

つづきはこちら

12月の有効求人倍率1・15倍 失業率は3・0%

沖縄労働局(待鳥浩二局長)が30日に発表した2017年12月の有効求人倍率(季節調整値)は、同年11月より0・01ポイント上昇し1・15倍となった。1倍を超えるのは15カ月連続。過去1年間では6月の1・18倍に次いで2番目に高く、統計上も2...

つづきはこちら

システム監視で協業 単独より大幅コスト減 FRT(浦添)・ラック(東京)

沖縄県内でインターネットデータセンター(IDC)を営むファーストライディングテクノロジー(FRT、浦添市)は29日、サイバーセキュリティーを専門とするラック(東京都)と協業し、IDC利用者向けに複数企業が共同で利用するタイプのセキュリティー...

つづきはこちら

「マークテトロ」が日本初出店 沖縄DFSに期間限定

ニューヨークを拠点に活躍するイラストレーターの服飾雑貨ブランド「Marc Tetro(マークテトロ)」の日本初店舗が20日、沖縄県那覇市おもろまちのTギャラリア沖縄byDFSに期間限定で開店した。カラフルな犬のイラストをあしらったトートバッ...

つづきはこちら

沖縄のゆいレールが京急カラーに 2月から1年

京浜急行電鉄(東京都)は22日、京急電鉄の車両のカラーリングを採用した全面ラッピング車両を、沖縄都市モノレール「ゆいレール」で運行すると発表した。京急電鉄の羽田空港国内線ターミナル駅が開業して20周年を迎えることを記念した企画。2月8日から...

つづきはこちら

「農業者のランドマークに」 JAおきなわの新会館落成

JAおきなわ(沖縄県那覇市、大城勉理事長)などで構成するJAグループ沖縄の新たな拠点となる「JA会館」が那覇市壺川に完成し、22日に竣工(しゅんこう)式が開かれた。  大城理事長は「旧会館は45年間、沖縄の農業振興に大きく寄与した。新JA会...

つづきはこちら

官民で泡盛輸出促進 国や沖縄県、酒造組合 今月会合

政府は泡盛の海外展開促進に向けた官民連携プロジェクトを月内に発足させる。政権で農林水産物の輸出振興などを担当する宮腰光寛首相補佐官を中心に、内閣府や外務省、県、県酒造組合などが参加し、初会合を1月下旬に那覇市内で開く。泡盛に特化した官民によ...

つづきはこちら

伝統舞踊、観客を魅了 沖縄・宜野湾でJTB「杜の賑わい」

JTB(東京)とJTB沖縄(那覇市)は20日、宜野湾市の沖縄コンベンションセンターで芸能イベント「第131回杜(もり)の賑(にぎわ)い・沖縄~Brand new world島の新風~」を開いた。沖縄開催は35年連続となる。元THE BOOM...

つづきはこちら

泡盛も家庭も熟成 リゾ婚で「酒合わせの儀」

琉球泡盛の魅力を広めようと瑞泉酒造(沖縄県那覇市、佐久本学社長)は、リゾートウエディング向けに結婚式で夫婦が甕(かめ)に泡盛を注ぐ「酒合わせの儀」の提案を今年から本格化させる。長期間貯蔵することで味・香り共にまろやかな古酒に育つ泡盛の特徴と...

つづきはこちら

読谷、ニンジン拠点産地認定 米軍返還地が生産拠点に

沖縄県読谷村がニンジンの拠点産地に認定され、20日に同村地域振興センターで認定証交付式があった。読谷村は小菊、紅芋に続く3品目目の認定となる。県、村、JAおきなわと生産者が一体となって生産強化に取り組んだ。植え付けから収穫まで一貫した機械化...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 371