ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4453件

金秀グループ、SDGs宣言 多様な人材活躍、食品廃棄削減…4年間の実行計画策定へ

金秀グループ(呉屋守将会長)は1日、国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」が定める目標(ゴール)達成を意識して事業活動を進める「次世代につなぐ金秀グループSDGs宣言」を行った。2022年度までの4年を期間とした実行計画を策定し、多様な人...

つづきはこちら

沖縄ツーリストなどが環境保全中心に新会社 SDGs特化、リューソ開所

SDGs(持続可能な開発目標)に特化した事業を行う新会社「Rewso(リューソ)」の開所式が1日、沖縄県那覇市の沖縄産業支援センターで開かれた。沖縄ツーリスト(那覇市)、沖縄海洋資源開発(那覇市)、システム開発のTs’products(大阪...

つづきはこちら

「おたべ」で有名な美十が起工式 沖縄に国内4拠点目の工場 20年完成、香港向・・・

京都を代表する銘菓「おたべ」などを製造販売する美十(京都市、酒井宏彰社長)は9月28日、沖縄県うるま市勝連南風原の国際物流拠点産業集積地内で沖縄工場新築工事の安全祈願祭を開いた。京都本社・工場と千葉、福井に続く国内4拠点目の工場で、2020...

つづきはこちら

県内飲食チェーン 価格設定、判断分かれる 消費税10%

顧客の分かりやすさを重視するか、同一商品同一価格の原則を貫くか。1日、消費増税と同時に飲食料品などを対象とした軽減税率制度が始まる。外食とみなされ10%の税率が適用される店内飲食と、8%に据え置かれる持ち帰りの双方に需要がある飲食チェーンで...

つづきはこちら

ゆいレール延長開業へ記念式典 玉城知事「沖縄の発展に重要な役割」 関係者が祝う

沖縄都市モノレールの浦添延長区間開業まであと2日となった29日、記念式典が浦添市のてだこホールで開かれた。県や那覇市、浦添市の行政関係者はじめ延長事業に携わった関係者が参加し、延長区間の開業を祝った。   式典で玉城デニー知事は「モノレール...

つづきはこちら

女性活躍推進に本腰 沖縄ツーリストWEPSに参加

沖縄ツーリスト(OTS)は女性活躍推進に取り組む企業が署名する行動原則「WEPs(ウーマン・エンパワーメント・プリンシパルズ)」に参加し、女性活躍に力を入れる経営意思を示した。27日、OTSの安部潤取締役と喜友名尚美執行役員が琉球新報社を訪...

つづきはこちら

沖縄で食べた「島豆腐」がお土産として持ち帰れるように レトルト商品化 常温で・・・

北山商店(今帰仁村)と山城とうふ店(本部町)が、島豆腐を常温で長期保存できるレトルト商品を開発した。一般的な島豆腐は常温のままだと数時間で風味が変化するが、レトルト商品にすることで90日間は品質を維持できるという。島豆腐のレトルト食品開発は...

つづきはこちら

北海道から沖縄に… 運転手確保で第一交通産業が取った策は

第一交通産業グループが運営する那覇バス、琉球バス交通が、深刻化する人手不足問題を解消するため、昨年からグループ間の連携で沖縄に運転手を派遣する取り組みを始めている。同グループ北海道地区で大型二種免許を持つタクシー運転手を沖縄に招き、修学旅行...

つづきはこちら

甘酸っぱ~い シークヮーサー初搾り 加工品生産スタート

【本部】もとぶ産シークヮーサー生産消費拡大推進協議会は25日、沖縄県本部町豊原の農業生産法人もとぶウェルネスフーズで、町産シークヮーサー果汁初搾り式を開いた。生産ラインが一斉に動き出し、今年の加工品の生産が始まった。  町農林水産課によると...

つづきはこちら

働き方、世界から学ぶ メンター制や生産性など事例紹介

沖縄県経営者協会女性リーダー部会と在沖米国総領事館などは24日、海外と国内の事例から働き方改革を考えるシンポジウム「世界に学ぶ働き方のしくみ~新たな価値観との出会い」を、那覇市のダブルツリーbyヒルトン那覇首里城で開催した。  ヒルトン沖縄...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 446