ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3556件

「飲むフルーツ酢・シークヮーサー」が準大賞

 9月上旬に東京ビッグサイトで開かれた「第22回グルメ&ダイニングスタイルショー秋2017」(6~8日)で、紅濱(浦添市、原島賢也社長)の「飲むフルーツ酢・シークヮーサー」がビバレッジ(飲料)部門で準大賞を受賞した。  豆腐ようを生産してき...

つづきはこちら

こだわり雑貨 期間限定販売 リウボウ、いいモノ展

 那覇市久茂地のデパートリウボウは、バイヤーが選んだ日本各地のこだわり雑貨をそろえた期間限定販売会「ニッポンのいいモノマーケット」を、1階リミテッドステージで開催している=写真。25日まで。  沖縄のすぐれものでは、貝を使ったジュエリー「...

つづきはこちら

「シークヮーサーの日」制定 9・22 那覇でセレモニー

 沖縄県産シークヮーサーや関連商品の消費拡大を図る「シークヮーサーの日」の制定セレモニーと即売会が22日、那覇市のサンエー那覇メインプレイスで開かれた。主要産地である大宜味村の宮城功光村長が「沖縄のかんきつ果実を象徴するシークヮーサーで、全...

つづきはこちら

沖縄県産AIスピーカー誕生 少量多品種で低価格化へ

 システム開発のインタラクティブラボラトリー(東京都)と、関連会社のインタラクティブラボラトリー沖縄(うるま市)は、人工知能(AI)を搭載し、装置に話し掛けることでさまざまな情報にアクセスできる「AIスピーカー」を開発した。世界的IT大手が...

つづきはこちら

通堂ラーメン 台湾展開 製粉、輸送で3社連携

 沖縄県内でラーメン店や居酒屋を経営するオフィスりょう次(金城良次社長)は沖縄製粉(竹内一郎社長)、沖縄物産企業連合(羽地朝昭社長)と連携し、ラーメン店「琉球新麺 通堂」の台湾展開を始めた。  県内店舗と変わらぬ麺を台湾でも提供するため、...

つづきはこちら

那覇空港の機能拡張を 将来像巡りシンポ

那覇空港拡張整備促進連盟と県経済団体会議は21日、第2滑走路が完成した後の那覇空港の将来像をテーマにした「大那覇空港シンポジウム」を那覇市のロワジールホテル那覇で開いた。沖縄の玄関口となる那覇空港の機能・容量の拡大に向けて、2本の滑走路間を...

つづきはこちら

8月観光、初の100万人 県内、46ヵ月連続最高

沖縄県文化観光スポーツ部が21日に発表した8月の入域観光客は、前年同月比8・2%増(7万5600人)の100万2500人となり、月間で初めて100万人の大台を突破した。46カ月連続で単月の過去最高を記録し、59カ月連続で前年同月の実績を上回...

つづきはこちら

ポーラベアー改良 アイス配合、カカオ濃度調整 フォーモストブルーシール

フォーモストブルーシール(水田正明社長)は19日、1948年の創業以来「シロクマ」の愛称で親しまれるサンドアイス「ポーラベアー」をリニューアル発売したと発表した。アイスを挟むビスケットのカカオ濃度を高めて風味を高めたほか、アイスの配合を変え...

つづきはこちら

沖縄の地価が上昇し続ける背景は 那覇中心に需要拡大、一部下落で二極化も

沖縄県内の基準地価は横ばいだった林地を除く全ての用途で上昇となっており、変動率は東京や大阪など首都圏と並んで全国の上位にある。好調な県経済と県内の人口増加を背景に住宅地・商業地ともに需要が高まり、地価を押し上げた。一方で一部の離島や北部地域...

つづきはこちら

マリオット石垣20年開業 来週にも工事着手へ

世界最大手ホテルチェーンのマリオット・インターナショナルが沖縄県石垣市川平で手掛ける「マリオットリゾート&スパ イシガキジマ」が2020年12月をめどに開業を予定している。同ホテルはマリオット社が国内で初めて直営するホテルで、県内離島では最...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 356