ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3770件

外国語対応ダイバー育成 県と業者連携、8人雇用へ

 県は2014年度、外国語に対応できるガイドダイバーの育成事業に初めて取り組む。外国語ができる県内求職者を対象に、ダイビングのガイドに必要な専門技術や技能習得を図る。ダイビングショップ事業者と連携し、8月までに8人を採用する計画。続きを読む...

つづきはこちら

県内3行3月決算 純利益14・7%増

 沖縄銀行が15日、2014年3月期連結決算を発表し、琉球銀行と沖縄海邦銀行を合わせた県内地銀3行の決算が出そろった。売上高に当たる経常収益の3行合計は0・2%減の1023億2100万円。貸出金は増加したが、貸出金利回りの低下による受取利息...

つづきはこちら

常温で運べるプリン 物産連合とブルーシール開発

<<<新商品をPRする沖縄物産企業連合の羽地社長(右)とフォーモストブルーシールの水田社長=15日、県庁>>> 沖縄物産企業連合(那覇市、羽地朝昭社長)は15日、フォーモストブルーシール(浦添市、水田正明...

つづきはこちら

22日に「おきなわパワーアップセミナー」

 中小企業基盤整備機構沖縄は22日午後1時半から、中小企業や小規模事業者などを対象に「おきなわパワーアップセミナー」を那覇市の沖縄産業支援センターで開催する。参加無料。情報運用システム構築などを手掛けるアースボイスプロジェクト(神奈川)の榎...

つづきはこちら

沖縄三越、9月に閉店 リウボウ継承で調整

<<<9月末で閉店する沖縄三越=14日、那覇市国際通り>>> 1957年創業の県内老舗百貨店、沖縄三越(那覇市、杉山潤治社長)が9月末で閉店し、約57年の「三越」の歴史に幕を下ろす。那覇市国際通りの百貨店...

つづきはこちら

ANA、沖縄―シンガポール便就航 国際貨物事業

<<<シンガポールへ向け、貨物の積み込み作業が行われるANAの貨物専用機=14日午前4時半すぎ、那覇空港貨物ターミナル>>> 全日本空輸(ANA)は、那覇空港を中継拠点(ハブ)とする国際航空貨物事業で、新...

つづきはこちら

4月沖縄便5.5%増 航空6社、主要路線で増便

 沖縄関係路線を就航する航空6社の4月の搭乗実績が14日までにまとまった。合計搭乗者数は前年同月比5・5%増の127万5687人となった。主要路線の那覇―羽田、那覇―伊丹の増便のほか、石垣と結ぶ本土路線が好調に推移した。続きを読む >>> ...

つづきはこちら

「戦争知らぬ軍国少年」 内橋氏が安倍政権批判

<<<内橋克人氏の安倍政権に対する評価や考え方を聞く参加者ら=14日、那覇市のザ・ナハテラス>>><<<     内橋 克人氏>>> 会員制の講演会組織「琉球フォーラム...

つづきはこちら

金城氏、常務に昇格 海邦銀行 役員人事

<<<       金城 唯博氏>>> 沖縄海邦銀行(上地英由頭取)は14日、常務に金城唯博取締役(60)を昇格させる役員人事を発表した。上地頭取(60)ら役員6人は再任。続きを読む >>> ...

つづきはこちら

あしびなーエコキャップフェスタ

 沖縄アウトレットモールあしびなーは、ペットボトルのキャップを集めて世界の子どもたちにポリオワクチンを届ける活動を支援する「エコキャップフェスタ」を3〜5日に開催した=写真。今回で6回目。続きを読む >>> ...

つづきはこちら