ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3925件

沖縄ツーリスト、東京に居酒屋 飲食業初展開 来月オープン

沖縄ツーリスト(OTS、那覇市)は28日、創立60周年記念式典を那覇市久茂地のタイムスホールで開き、旅行業界の代表者らが節目を祝った。同社の歴史や事業を紹介した東良和会長は、10月9日に東京で飲食店「旅職人がつくる居酒屋 AGARI」をオー...

つづきはこちら

外国人材、初受け入れ 沖縄県内介護現場、フィリピンから5人

沖縄県外国人介護事業協同組合(與那嶺康理事長)は27日、介護現場での就労を目指すフィリピンからの留学生5人を受け入れた。那覇空港の待合室で、受け入れ側の担当者と留学生が対面した。5人は今後、日本語学校で学んだ後に介護福祉の専門学校に進学し、...

つづきはこちら

安室さんでサイトアクセス10倍 沖縄県の「Be.Okinawa」

沖縄県観光振興課は27日、沖縄観光を国内外に発信する「Be.Okinawa」に県出身歌手の安室奈美恵さんが協力した期間限定プロモーションについて、9月16日までの約1カ月に、公式サイトに通常の約10倍のアクセス数があるなど大きな反響があった...

つづきはこちら

自転車の街・名護PRへ しまなみ、びわ湖と黄金ルート 四国運輸局が動画撮影

 【名護】国土交通省四国運輸局は26日、国内外から多くのサイクリング旅行者が訪れる瀬戸内海のしまなみ海道、自転車による街づくりを進める名護市、びわ湖一周サイクリングの滋賀県守山市の3エリアを「サイクリング・ゴールデンルート」と銘打ち、PR動...

つづきはこちら

熊本米使った「泡盛」 久米仙酒造が開発

久米仙酒造(比嘉洋一社長)は、熊本産の米を使った泡盛「日本泡盛」を開発し、限定5千本で販売している。泡盛の原料はタイ米が主流だが、米作りで日本遺産に認定されている熊本県の菊池川流域で育った米ヒノヒカリを使い、従来の泡盛と同じ製造方法で製造し...

つづきはこちら

中部商グランプリ 高校生がローソン商品考案 「ヘルシークワァーサーつけめん」

ローソン沖縄(浦添市、古謝将之社長)は25日、沖縄県内商業高校生のアイデアを商品化する「第3回商品開発プロジェクト」の最終審査会を那覇市泉崎の琉球新報ホールで開いた。グランプリには中部商業の奥浜涼乃さんらのチームが考案した「ヘルシークワァー...

つづきはこちら

観光経済効果 14%増 17年度県内 過去最高1兆1700億

県文化観光スポーツ部は25日、2017年度の旅行・観光の経済波及効果を発表した。旅行・観光消費額などから算出した経済波及効果は15年度の前回調査比14・2%増の1兆1699億8500万円で過去最高となった。国内外から沖縄を訪れる観光客数は増...

つづきはこちら

りゅうぎんロボ ゆるキャラGP挑戦 ゆるさ?でもV狙う

琉球銀行(川上康頭取)のイメージキャラクター「インタラクティブりゅうぎんロボ」=写真=が、「ゆるキャラグランプリ2018」に出場している。創立70周年を迎えた琉銀は、りゅうぎんロボの認知度の向上を目指して参加した。ツイッターでは「りゅうぎん...

つづきはこちら

森 滝 沢 東村を満喫 モニターツアー実施 来年4月、本格販売へ

【東】東村観光推進協議会は今月から、村内の山林や福地ダムを使った山歩きの観光商品化に向けて、モニターツアーを実施している。2019年4月から本格的に売り出す予定で、現在、モニターツアーの参加者を募集するなど準備を進めている。協議会は18日、...

つづきはこちら

バスの新拠点始動 沖縄・那覇、ターミナル完成

沖縄県の新那覇バスターミナルの完成を記念した出発式が23日、那覇市泉崎の同ターミナルで行われた。那覇バス、琉球バス交通、沖縄バス、東陽バスのバスが並ぶ中、ターミナルで各社代表者らによるテープカットが行われ、新交通拠点の門出を祝った。子どもた...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 393