ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3770件

コープおきなわ電気販売 10月から一般家庭向け バイオや太陽光など用いる

コープおきなわ(浦添市、山本靖郎理事長)の電力事業を担う子会社おきなわコープエナジーは30日、那覇市内で株主総会と取締役会を開き、ことし10月から一般家庭向けに電気販売を始めることなどを決めた。料金プランは9月ごろまでに発表する予定で、沖縄...

つづきはこちら

泡盛、羽田・成田でPR JALが企画、来月から

【東京】日本航空(JAL)は6月から、泡盛を国内外にPRする「國酒・琉球泡盛応援プロジェクト」を始める。6月中は羽田、成田両空港のJALラウンジで琉球泡盛を振る舞うほか、2018年度下期にかけて国内線・国際線の機内ビデオで泡盛に関する番組も...

つづきはこちら

ゆいレール通勤客増 17年調査 12ポイント増35%、「利用定着」 外国客に・・・

沖縄都市モノレール(那覇市、美里義雅社長)は28日までに、ゆいレールの利用実態調査をまとめた。通勤や通学、帰宅などで日常的にゆいレールを利用している県民は前回調査(2009年度)と比較して増加となった。モノレール社は「ゆいレールが広く県民に...

つづきはこちら

那覇青果 ニュージーランド産キウイ直輸入

那覇青果物卸商事業協同組合(那覇市、名嘉重則理事長)はニュージーランド産のグリーンキウイとサンゴールドキウイを直接輸入し、24日から沖縄県内で販売している。  今季はグリーンが126・5トン、サンゴールドが97・5トンの計224トンを直輸入...

つづきはこちら

「また行きたい!」でトップ 沖縄、満足度も

沖縄、とっても楽しかったし、また行きたい―。日本観光振興協会が行った2017年度の「国民の観光に関する動向調査」で、沖縄が「満足度」と「再来訪意向」の項目で全国1位に輝いた。県の嘉手苅孝夫文化観光スポーツ部長は「県内観光関連事業者による受け...

つづきはこちら

速度3倍、新型レーザー加工機 海邦ベンダー導入、受注拡大へ

金属製のドア製作や金物加工などを手掛ける海邦ベンダー工業(沖縄県糸満市、神谷弘隆社長)が25日、新たに導入した新型レーザー加工機を取引先業者などに披露した。これまでの機械に比べ約3倍の速度で加工でき、受注拡大が期待されるという。  4月から...

つづきはこちら

米須会長を承認 県商工会連合会

沖縄県商工会連合会は25日、那覇市のパシフィックホテル沖縄で第45回通常総会を開いた。2018年度の予算案が承認されたほか、任期満了にともなう新役員の選任などが行われた。新たな会長には北谷町商工会の米須義明氏、副会長に名護市商工会の金城哲成...

つづきはこちら

沖縄都市モノレール延長、開業遅れ 入札不調、「早くて19年夏」

沖縄都市モノレール(沖縄県那覇市、美里義雅社長)は25日、2019年春に予定していた浦添市への延長区間の開業時期を延期すると発表した。美里社長は開業のめどを「早くて19年夏頃」と述べた。入札の不調や土地取得の遅れなど、事業推進のための条件整...

つづきはこちら

完全受注で服飾サイト 7月開始目指す 高品質を低価格で

 アパレルベンチャーのアジアアロワナ(山内真社長)は、アパレル商品を完全受注生産するオンラインショッピングサイト「SCALES(スケールズ)」の立ち上げを計画している。売れ残り在庫の値引き販売や廃棄を見込んだコストを価格から排除することで、...

つづきはこちら

「夏いちばん」夏限定今年も きょうから発売

オリオンビール(與那嶺清社長)は22日から、夏限定醸造ビール「夏いちばん」を発売する。数量限定で沖縄県内のスーパーやコンビニなどで販売する。お中元や父の日の贈答用に1ケース12本入りのギフトセットもある。麦芽100%とアロマホップ100%を...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 377