ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4180件

HIS運営の「変なホテル」沖縄進出 ロボットが接客で話題 2021年予定

旅行大手エイチ・アイ・エス(HIS)グループのHISホテルホールディングスは4日までに、ロボットが接客する「変なホテル」を沖縄県内で展開する方針を明らかにした。2021年に沖縄本島と県内離島に進出予定という。HISが展開するホテルの県内進出...

つづきはこちら

モノレール乗客1900万台 18年度5%増 ダイヤ改善も効果

沖縄都市モノレール(那覇市、美里義雅社長)が4日までにまとめた2018年度乗客数の速報値は、前年度比5・02%増(91万690人増)の1905万7176人と初めて1900万人台を突破した。過去最多を更新するのは7年連続で、対前年度比では9年...

つづきはこちら

古島マルシェ4月末で閉店 オープンから1年9カ月…リウボウストア 集客目標に・・・

那覇市銘苅の古島団地跡地にある「アクロスプラザ古島駅前」の中核テナントで、リウボウストア(糸数剛一社長)が運営する「リウボウフードマーケット古島マルシェ」が4月30日で閉店することが決まった。見込み通りの集客ができなかったことが主な要因で、...

つづきはこちら

沖縄のソウルフードをコンビニで 分厚い衣の沖縄天ぷら、ファミマ5店舗で限定販・・・

沖縄のソウルフードをコンビニで―。沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)は、「上間弁当天ぷら店」を展開する上間フードアンドライフ(沖縄市、上間喜壽社長)の天ぷらの試験販売を2日から始めている。現在は5店舗での数量限定販売だが、あまりの...

つづきはこちら

県内企業倒産43件 商工リサーチ、18年度 負債2.4倍、大型影響

東京商工リサーチ沖縄支店は1日、2018年度の県内企業倒産状況(負債総額1千万円以上)を発表した。倒産件数は1975年の集計開始以降で最小だった17年度と同数の43件だった。負債総額は17年度比約2・4倍の122億3200万円となった。負債...

つづきはこちら

名前に「令」「和」で最大75%引も 沖縄のレンタカー会社

新元号「令和」の発表を、沖縄県内でも好機と捉え、キャンペーンやビジネスチャンスをうかがう動きが出ている。  最新モデルの外国車をそろえる豊見城市のエクセルレンタカー沖縄は新元号発表に伴い、氏名に「令和」と同じ漢字が付く人を対象にレンタカーの...

つづきはこちら

「沖縄に貢献できる人に」 県内入社・入行式 新社会人誓う

新年度が始まり、新たな元号が発表された1日、沖縄県内各地では企業の入社式や入行式が開かれた。新入社員は緊張した面持ちで式典に臨み、各企業のトップらから辞令を手渡された。新元号「令和」の幕開けとなる2019年に社会人としての一歩を踏み出し、企...

つづきはこちら

下地島空港開業 ジェットスター宮古就航 観光需要開拓へ 成田発初便、ほぼ満席

【宮古島】「みやこ下地島空港ターミナル」の開業に伴い、格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(片岡優社長)は30日、宮古下地島路線の就航式典を同ターミナルで開いた。下地敏彦宮古島市長や富川盛武副知事ら関係者が出席し、新たな空港での...

つづきはこちら

労働時間減らしたけど、所得増も達成! 沖縄ヤマト運輸 効率化で収入アップ 「・・・

長時間拘束、過重労働と厳しい労働環境がささやかれる運輸業界で、沖縄ヤマト運輸は17年4月から働き方改革に取り組み、セールスドライバーの「年間労働時間210時間減、年間所得50万円増」を達成した。  改革前に比べ、人件費は億単位で膨らんだが、...

つづきはこちら

不発弾検出 デジタル化 コスト、時間が大幅減に

不発弾の磁気探査などを手掛ける沖縄設計(沖縄市、玉城幸人社長)は、磁気探査のデジタル化に取り組んでいる。磁気探査の記録は調査現場で紙に出力するのが通常の方法だが、パソコンへの出力を可能にした。現場から事務所へのデータ送信が可能になったため、...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 418