ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4453件

海を見ながらくつろげる! 星野リゾートが沖縄・読谷に海カフェ 来年5月オープン

【東京】宿泊施設を運営する星野リゾート(長野県、星野佳路代表)は9日午前、東京国際フォーラムで会見し、読谷村儀間に海を望むカフェ「星野リゾート バンタカフェ」を開設すると発表した。隣接地で整備を進めている「星のや沖縄」とともに2020年5月...

つづきはこちら

サンドパン5種を発売 オキコ たまご、ツナサラダ、ピーナツ…

オキコ(西原町)は手軽に食べられる常温サンドパン「ポケットランチ」を8日、発売した。しっとりとした弾力のある食パンに「たまご」「ツナサラダ」「ピーナツ」「ブルーベリージャム&マーガリン」「黒みつきなこ」の5種類(税抜き135円・145円)を...

つづきはこちら

宅建士受験者 10年で1.4倍 18年度・県内 不動産市況の活況背景

県内地価の上昇が続く中、不動産売買の国家資格「宅地建物取引士(宅建士)」の受験者数が増加している。県内の受験者数は2009年度の2399人から18年度は3262人に増えており、10年で約1・4倍になっている。18年度の受験者数は統計が残る1...

つづきはこちら

最新エアバス就航へ JAL 3機目、那覇―羽田

日本航空(JAL)は8日、2020年2月から那覇―羽田線で運航する欧州の航空機大手エアバスの最新鋭機「A350―900型機」の関係者向けお披露目会を那覇空港で開いた。  エアバスA350型機はJALがボーイング777型機の後継機として採用を...

つづきはこちら

漢方薬「冬虫夏草」の栽培確立 国内初、寄生キノコ一貫生産 「薬用泡盛」の販売・・・

養蚕業の沖縄UKAMI養蚕(今帰仁村、仲宗根豊一代表)が、漢方薬として知られる「冬虫夏草(とうちゅうかそう)」を育成し、機能性食品の素材を開発する事業を進めている。同社は「エリ蚕(さん)」という蚕のサナギに冬虫夏草の一種「サナギタケ菌」を寄...

つづきはこちら

サンエー増収減益 営業収益、初の1000億超 8月中間決算

県内スーパー最大手のサンエー(宜野湾市、上地哲誠社長)は4日、2019年8月中間連結決算を発表した。売上高とテナント収入などを合わせた営業収益は前年同期比4・3%増の1002億5900万円となった。上半期(3~8月)として初めて1000億円...

つづきはこちら

消費税免税事業者が不利になるインボイスとは… 10%の波紋

消費増税に伴い、2023年10月から適格請求書(インボイス)等保存方式がスタートする。インボイスは消費税額の詳細が記載された書類で、企業が消費税を納付する際に必要になる。発行のための登録を受けられるのは消費税を納付する「課税事業者」のみで、...

つづきはこちら

OISTの自立型住宅がベスト100に グッドデザイン、沖縄初 ミサワホームと・・・

日本デザイン振興会(東京都)は2日、2019年度グッドデザイン賞(1420件)を発表した。沖縄科学技術大学院大学(OIST、恩納村)とミサワホーム総合研究所(東京都)などが共同研究した、エネルギーや水の創出と環境負荷低減を両立する自立型住宅...

つづきはこちら

名護でしか飲めなかった「75BEER」、12月から沖縄全域で販売

【名護】名護十字路商店連合会とオリオンビールなどが昨年開発したビール「75BEER(ナゴビール)」が、今年も10月から販売開始する。名護市内限定発売だった昨年と異なり、今年は10月25日から北部地区の飲食店向けに先行発売した後、12月10日...

つづきはこちら

アツアツの上間天ぷらを沖縄ファミマ全店で 来月26日から 種類も増やし定番商品へ

沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)は2日、2019年度秋冬の新商品などを紹介するセミナーを宜野湾市のラグナガーデンホテルで開いた。「上間弁当天ぷら店」を経営する上間フードアンドライフ(沖縄市、上間喜壽社長)との協力で4月から試験販...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 446