ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3708件

沖縄の企業、賃上げ「実施」48%が意向 設備投資も前向き

帝国データバンク沖縄支店は8日までに、政府、与党が進める法人税改革に関して、県内企業の意識調査結果を発表した。税制改革大綱に賃上げや設備投資に積極的な企業の税負担軽減が盛り込まれていることから、賃上げを「実施する(予定を含む)」と回答した企...

つづきはこちら

メープルのような風味に 4蔵元の泡盛ブレンド「和尊」 5千本限定

識名酒造(那覇市)、瑞穂酒造(同)、崎山酒造廠(金武町)、山川酒造(本部町)の蔵元4社の社長が7日、沖縄県政記者クラブで会見し、それぞれの泡盛を持ち寄ってブレンドした黒糖酵母仕込み泡盛「和尊(わそん)」を9日から5千本限定で発売すると発表し...

つづきはこちら

スターフライヤー、那覇―北九州きょう再就航

スターフライヤー(北九州市)は8日から、北九州―那覇路線を再就航させる。5月7日までは1日1往復、7月13日~10月27日は1日2往復を運航する。価格は片道6800円(税込み)から。  7日に琉球新報社を訪れた北九州看板娘の明瀬(みょうせ)...

つづきはこちら

田芋の素材感とローズマリーのアクセントを味わう! 世界一の職人が開発したジェ・・・

【宜野湾】沖縄県宜野湾市の伝統野菜で特産品の田芋(たーうむ)の日の6日、大山田芋生産組合と地元食材にこだわったジェラートを販売する「La VOUS(ラ・ボウス)」(宜野湾市)が、市内で生産された田芋を使ったジェラート「宜野湾タイモ・ローズマ...

つづきはこちら

金秀、セブン―イレブン100店運営へ FC契約、出店前倒しも

コンビニ国内最大手のセブン―イレブンが2019年度中の初出店を目指している沖縄進出計画で、金秀グループのスーパーマーケット部門を担う金秀商事(西原町、中地健社長)との間で店舗運営に関し提携する方針を固めたことが6日、関係者の話で分かった。金...

つづきはこちら

赤マルソウの味を8店で 調味料使用の店紹介 国際通り、パムと提携

沖縄県産素材にこだわった調味料を製造する赤マルソウ(糸満市)と、観光情報誌の運営などを手掛けるパム(那覇市)は、赤マルソウの調味料を使っている飲食店を紹介する「赤マルソウのおすすめする国際通りガイドマップ」を作成した。県外から来た観光客にと...

つづきはこちら

ベルギーチョコ、イベントでPR デパートリウボウ

ベルギーの高級チョコレートブランド「Galler(ガレー)」のバレンタインイベントが3日、那覇市のデパートリウボウ6階催事場スイーツガーデンで開かれた。本場のショコラティエが手掛けたフォンダンショコラの試食会や、フランス出身でマルチタレント...

つづきはこちら

セブンが浦添に専用工場 未進出の沖縄、事業展開で検討

2019年度の沖縄県出店を計画するセブン-イレブンの沖縄現地法人が、同県浦添市港川のまちなとゴルフレンジ跡2万3千平方メートルの土地を取得したことが5日、分かった。売買成立は1日付。取得額は明らかにしていない。関係者によるとプライベートブラ...

つづきはこちら

沖縄の「中味汁」ポテチに カルビーが限定販売

カルビーの伊藤秀二社長が5日、沖縄県庁に富川盛武副知事を訪ね、沖縄のご当地ポテトチップスとして開発した「中味汁味」を贈呈した。19日から九州・沖縄地域のスーパー、コンビニで数量限定で販売する。  かつおだしの味わいをベースに豚モツの風味とシ...

つづきはこちら

泡盛黒麹菌、沖縄に源流 琉大教授ら解析 世界文化遺産登録へ弾みに

琉球大農学部の外山博英教授(応用微生物学)らの研究グループは30日までに、酒造や食品の発酵に使われる世界中の44種の菌の全遺伝情報を解析し比較した結果、琉球泡盛の製造に使われる「黒麹(こうじ)菌」が沖縄由来である可能性が高いことを明らかにし...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 7 371