ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4453件

県庁前に15階建てホテル 1泊1室平均1万5千円 高級感を演出、ビジネス客な・・・

不動産業のキャムコ(大阪市)が、那覇市の県庁前に地上15階建ての「キャムコ県庁前ホテル(仮称)」の建設を進めている。21年1月完成予定で、同年春の開業を目指す。総事業費は約50億円を見込む。ホテルが多い国際通り周辺のエリアを避けて差別化を図...

つづきはこちら

沖縄そばで海外進出 来年、御殿山が台湾と英国に出店

沖縄そば屋の「御殿山」(本店・那覇市首里石嶺町)が、国内外へ積極的な事業拡大を進めている。海外展開では2020年に台湾と英国への出店を計画する。日本企業の進出が活発で沖縄への観光客が多い台湾と、日本食ブームが到来している英オックスフォードに...

つづきはこちら

沖縄北部の新テーマパーク 住民は地域活性化に期待 詳細説明なく戸惑いの声も

今帰仁村と名護市にまたがるオリオン嵐山ゴルフ倶楽部で計画するテーマパーク建設に向けて、事業を進めるジャパンエンターテイメント(那覇市、加藤健史社長)は9月に住民向け説明会を実施した。新たな観光施設の完成で、本部町の沖縄美ら海水族館に集中する...

つづきはこちら

京都の老舗ブライダル「高見」が沖縄に進出 名護・マリオットでリゾ婚事業

【名護】「TAKAMI BRIDAL」のブランドでウエディング関連事業を手掛ける高見(京都市)が、沖縄県名護市のオキナワマリオットリゾート&スパで結婚式の運営委託事業を始める。高見がハワイやバリ島などで展開するリゾートウエディング事業の一環...

つづきはこちら

県知事賞に2商品選出 商工会特産品コンテスト 産業まつりで販売

沖縄県商工会連合会(米須義明会長)は10日、第22回商工会特産品コンテストの受賞商品を発表した。最優秀賞の県知事賞は、食品の部が恩納村のエリーズカフェの「ベジ島豆腐タコライス」、非食品の部は宜野湾市のラードラボの「スキンケアクリーム」が受賞...

つづきはこちら

生涯現役社会の働き方とは… 日本私立学校振興・共済事業団理事長の清家篤さんが・・・

会員制の講演会組織「琉球フォーラム」(主宰・玻名城泰山琉球新報社社長)の10月定例会が9日、那覇市の沖縄ハーバービューホテルで開かれた。日本私立学校振興・共済事業団理事長の清家篤氏が「生涯現役社会実現のための働き方改革」と題して講演した。 ...

つづきはこちら

コメントや「いいね」があった場合は… ツイッターをビジネスで活用するには

ツイッタージャパン(東京都)は9日、那覇市久茂地のおきなわダイアログで「ツイッタービジネス活用パワーアップセミナー」を開いた。県内企業から約50人が参加した。ツイッタージャパンの森田謙太郎シニアマーケティングマネジャーが講師を務め、ツイッタ...

つづきはこちら

「ハワイのコピペは駄目」 星野リゾートの星野佳路代表が沖縄で進めることとは…

9日の会見で星野リゾートの星野佳路代表は、沖縄観光について「ハワイのような西洋型ビーチリゾートのコピペでは駄目だ。沖縄の文化に寄り添わないといけない」と強調した。通年で観光客を呼べる、沖縄らしい文化を生かした誘客を進める考えを示した。  星...

つづきはこちら

「ちゅらとまと」使った新メニュー販売 10日からファミレス「ココス」 ハンバ・・・

【豊見城】ファミリーレストラン「ココス」を展開するココスジャパン(小野﨑聡社長)は10日から、豊見城産「ちゅらとまと」を使った新メニューを沖縄県内店舗限定で販売する。  17日に同市座安にココス豊見城店がオープンするのを記念し、ちゅらとまと...

つづきはこちら

3年で300人定年退職へ 路線バスの運転手不足深刻 沖縄 地域の公共交通に影響

県内路線バス大手4社の運転手の定年退職者が2017~19年の3年間で約300人に上る見込みであることが9日、分かった。県議会の公共交通ネットワーク特別委員会(玉城満委員長)で同日、17年に県交通政策課が各社にヒアリング調査した結果を明らかに...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 446