ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3346件

飲食店のカイ 仮想通貨決済を導入 利便性向上目指す

kai

飲食店などを展開するカイ・コーポレーション(又吉豊社長)は22日から、仮想通貨「ビットコイン」を料金支払いに利用できるサービスを始めた。ビットコインで手軽に決済ができるようにして、利便性向上を目指す。  又吉社長は「県内でビットコインによる...

つづきはこちら

ゆいレール 8月から増便、値上げ

yuineage

沖縄都市モノレール(美里義雅社長、ゆいレール)は混雑を緩和するため、8月1日からダイヤを大幅に改正する。平日(月~木)と金曜、土曜、休日(日・祝祭日)の4ダイヤに分けて、それぞれ増便。1日乗車券は700円から100円増しの800円へ値上げす...

つづきはこちら

モズク、海ブドウ養殖 赤土、淡水で損失900万円 大雨影響

mozuku

【北部】沖縄本島北部地域に降った記録的大雨の影響で、大量の赤土と淡水が海に流れ込み、やんばる各地の養殖業に深刻な被害が出ている。東村海域では約20トンのモズクが全滅しているとみられ、損失額は400万円に上る可能性がある。大宜味村塩屋湾でもモ...

つづきはこちら

沖縄県観光収入6600億円超 16年度、4年連続最高更新

kankou

沖縄県文化観光スポーツ部は21日、2016年度の県観光収入が前年度比9・6%増の6602億9400万円となり、4年連続で過去最高を更新したと発表した。一方で、観光客1人当たりの消費額は同0.8%減の7万5297円と4年ぶりに前年を下回り、観...

つづきはこちら

県観光収入6600億で過去最高 16年度、1人当たりは0・8%減

ryukyushimpo

県文化観光スポーツ部は21日、2016年度の県観光収入が前年度比9・6%増の6602億9400万円で過去最高を更新したと発表した。観光客1人当たりの消費額は前年度比0・8%減の7万5297円だった。円高の影響や宿泊施設を利用しないクルーズ船...

つづきはこちら

美ら海水族館行き快適に 沖縄県バス協、那覇空港から直行便

ryukyushimpo

沖縄県バス協会は20日、那覇市から沖縄美ら海水族館のある海洋博記念公園(本部町)に直行する高速バス「系統117番」を7月1日から運行すると発表した。那覇空港などから海洋博公園までの直行バスは沖縄中央観光が運行しているが、バス協会会員社ではこ...

つづきはこちら

観光、ITの人材を育成 県内8団体へ委託 内閣府

itoki

【東京】内閣府は20日、県内企業の成長力向上や労働生産性の改善を図ることなどを目的に、観光や情報通信、ものづくりの分野での人材育成を図る事業費として8団体に1億8千万円の交付を決めた。委託を受けた団体や企業が今後、ホテルのマネジャー育成や高...

つづきはこちら

AIで為替予想に挑戦 外為どっとコム×琉大 共同でシステム開発へ

kawaseai

人工知能(AI)を用いて為替トレンドを予測する個人向け資産運用ロボット開発を視野に、外為どっとコム(東京都、竹内淳社長)は琉球大学(西原町、大城肇学長)と共同研究を始めた。外為どっとコムが持つ為替のビッグデータを琉球大が分析し、予測を試みる...

つづきはこちら

沖縄県内平均時給800円超 求人誌「アグレ」集計 背景に採用難、人材確保へ上昇

agure

求人おきなわ(那覇市)は19日、2016年度に週刊求人誌「アグレ」に掲載した求人広告の賃金を集計した平均賃金データを発表した。沖縄県内の求人倍率が1倍を超える中、7割超の職種で平均月給、時給が上昇するなど待遇面でも一定の改善が見られ、平均時...

つづきはこちら

小規模企業 融資最高122億 沖縄公庫昨年度 30%増、建設多く

syoukibo

沖縄振興開発金融公庫(川上好久理事長)は19日、小規模事業者経営改善資金の2016年度の融資実績を発表した。貸付金額は前年度比29・6%増の122億1500万円で過去最高となった。貸付件数は同262件増の1351件だった。入域観光客が増加傾...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 335