ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4087件

風光明媚、海岸線に50室 一蔵(埼玉)が名護市幸喜にホテル、結婚式場

ウエディングや貸衣装事業を営む一蔵(埼玉県)が名護市幸喜でホテルを建設することが6日、分かった。50室200人の宿泊施設のほか結婚式場を併設し、リゾートウエディングの需要を取り込む方針だ。客室は海岸に面し、全室から夕日が見える間取り。敷地面...

つづきはこちら

セルラーが健康アプリ カロリー計算や医療費払い

沖縄セルラー電話(湯淺英雄社長)は6日、ヘルスケア事業に参入すると発表した。簡単で続けやすいヘルスケアプラットフォームを構築、健康サポートアプリ「JOTOホームドクター」を5月ごろをめどに提供する。このアプリは食事の写真を撮るだけで摂取カロ...

つづきはこちら

最初は国際線、着陸は米軍基地内 JALの沖縄―東京便が就航65年

日本航空(JAL)は5日、沖縄―東京線就航65周年記念式典を那覇空港で開いた。式典ではミス沖縄2019スカイブルーの玉城真由佳さんが東京行きの機長に花束を贈呈、JALグループや観光関係者らが出席し節目を祝った。  式典でJAL執行役員沖縄地...

つづきはこちら

泡盛で巨人応援 限定ラベル販売 県酒造協同組合

県酒造協同組合(大城勤理事長)は1日から、春季キャンプで沖縄を訪れるプロ野球チーム巨人を応援する琉球泡盛の限定ラベルボトル「ジャイアンツ2019」の販売を始めた。キャンプ地の那覇市内の蔵元の泡盛をブレンドしており、3千ボトルの売り上げを目標...

つづきはこちら

沖縄の20~40代の3割が「2年内転職予定」 重視するのは企業ブランドイメージ

コンサルティング業のノイズ・バリュー社(那覇市、我喜屋俊二代表)は30日、沖縄県内在住の20~40代の男女合計330人を対象にした「就職または転職時に重視する企業情報」の調査結果を公表した。1~2年以内に転職を予定しているのは男女とも3割で...

つづきはこちら

宮古島、インゲン産地拠点認定 沖縄県内4番目

県農林水産部はこのほど、宮古島市をサヤインゲンの拠点産地に認定した。県庁で開かれた認定証交付式で下地敏彦市長は「定時定量で供給するため生産量を増やす努力をしてきた。認定を誇りに品質のいい宮古島産サヤインゲンを全国に供給したい」と喜んだ。  ...

つづきはこちら

県内シェア5割目標 オリオン買収 野村・カーライルインタビュー

オリオンビール(浦添市)の買収を手がける野村キャピタル・パートナーズ(NCAP)の前川雅彦社長と、カーライル・ジャパン・エルエルシーの富岡隆臣マネージングディレクターは31日、琉球新報の取材に応じ、今後の事業展開などを説明した。両社はオリオ...

つづきはこちら

沖縄エアポートシャトル ダイヤ、運行ルート改正 特急や夜間便を新設 2月1日から

JTB沖縄(那覇市、杉本健次社長)と北部観光バス(名護市、仲泊栄次社長)が運営する沖縄エアポートシャトルは2月1日から、シャトルバスのダイヤ、運行ルートを変更する。停留所が11から14に増え、特急を新設する。  特急は恩納村を経由せず、那覇...

つづきはこちら

京都の生八つ橋「おたべ」が沖縄に初出店 那覇空港に3月18日オープン 外国人・・・

京都を代表する銘菓「おたべ」などを製造・販売している美十(びじゅう)(京都市、酒井宏彰社長)は30日、那覇空港の連結ターミナル内に沖縄初出店となる店舗「おたべ・辻利那覇空港店」を開設することを明らかにした。県内に工場も建設する予定で、アジア...

つづきはこちら

航空支え沖縄振興 MROJapan開所式

那覇空港内で航空機の整備や点検、修理を手掛けるMROJapanの開所式が29日、同社格納庫で開かれた。社員や関係企業など250人以上が参加し、新たな産業の誕生を祝った。  開所式では、同社の荒川清朗社長が「元号が変わる歴史的な節目の年に、沖...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 409