ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3925件

どんだけー懐かしい味 IKKOさんが沖縄県内ファミマで商品PR

美容家でタレントのIKKOさんが10日、那覇市松尾のファミリーマートREXA RYUBO(レグザリウボウ)店を訪れて、自身が監修した食品などの商品をPRした。IKKOさんは商品に込めた思いを語り、来店者に試食させて魅力を伝えた。  IKKO...

つづきはこちら

離島路線のパイロット確保へ RACが熊本・崇城大と連携

琉球エアーコミューター(RAC、那覇市、伊礼恭社長)と学校法人君が淵学園崇城(そうじょう)大学(熊本県、中山峰男学長)は9日、パイロット養成に関する連携協定を締結した。離島航空路線などの操縦士を長期的に確保することが目的だ。県内大学生を選抜...

つづきはこちら

イルカの精子 冷凍保存 人工授精で出産が目標

沖縄美ら島財団総合研究センターが、イルカの精子を凍結保存する取り組みを進めている。凍結保存した精子を活用して人工授精を行い、2~3年後にはイルカの子どもを出産することを目標にしている。イルカの精子を凍結して長期的に保存する技術をすでに確立し...

つづきはこちら

農作物の台風被害拡大 沖縄、24号と25号で20億円

JAおきなわ(沖縄県那覇市、大城勉理事長)は9日、台風24、25号の災害等対策本部会議を那覇市のJA会館で開き、沖縄県内の農畜産物や施設の被害状況について報告した。被害総額は19億6555万円に上り、24号単独の被害調査から約5億3千万円増...

つづきはこちら

国内外のビール楽しむイベント 沖縄オクトーバーフェスト 13・14日、北谷美浜

国内外の約100種類の生ビールが楽しめる県内最大のクラフトビールの祭典「沖縄オクトーバーフェスト」(主催・沖縄オクトーバーフェスト実行委員会)が13、14の両日、北谷町美浜の北谷フィッシャリーナで開催される。県内有名飲食店の出店や路上パフォ...

つづきはこちら

沖縄ファミマの「学P」商品 10月2日~15日に販売

沖縄ファミリーマート(那覇市、野﨑真人社長)は、県内の大学生を対象にした実践型インターンシップ「学P沖縄リーグ2018」で開発された商品を、2日から15日までの14日間、県内ファミリーマート全店で販売する。特設サイトでは16日までWEB人気...

つづきはこちら

生まれ変わった玄関口 新那覇バスターミナル開業

那覇の那覇の新しい玄関口、新那覇バスターミナル(沖縄県那覇市泉崎)が1日、開業した。通勤通学などでバスを利用する人だけでなく、生まれ変わったターミナルを見学しようと朝から多くの人が訪れ、にぎわいを見せた。新バスターミナルには停留所が11カ所...

つづきはこちら

観光情報拠点開所 沖縄らしさアピール

県文化観光スポーツ部は1日、カフーナ旭橋A街区に設立した「沖縄観光情報センター」の開所式を執り行った。観光関係者らが出席し、開所を祝った。同センターでは観光地案内のほか、日本の文化体験やイベント開催ができるスペースを設けた。赤い漆喰の壁や、...

つづきはこちら

民泊トラブルに対応 空室対策協・南日本警備、駆けつけサービス開始

沖縄県空室対策事業協同組合(那覇市)と南日本警備保障(沖縄市)は、旅館業法の許可を受けた民泊物件などを対象にした「民泊あんしん!駆けつけサービス」を10月から開始する。民泊物件でのトラブル発生時、南日本警備保障の警備員が短時間で駆け付けて対...

つづきはこちら

除湿器から飲み水、新技術開発へ 琉球大と企業などのグループ、アジアで活用目指す

琉球大、上水道設備の開発・販売などを行う共栄コントロールズ(兵庫県、巴月和利代表)、産学連携に取り組むアルパカ・ラボ(沖縄県宜野湾市、棚原生磨代表)の研究グループが、除湿器にたまった水を飲料水に活用する技術開発に取り組んでいる。  東南アジ...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 393