ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  4270件

モンゴル800とお米がコラボ! もんぱち米を沖食が限定販売 メンバーがパッケ・・・

沖縄食糧(浦添市)は15日に、令和元年産新米「沖縄県産ひとめぼれ もんぱち米」を数量限定で販売する。パッケージのイラストはモンゴル800のメンバーがデザインした。  5月に石垣島などで収穫された新米のひとめぼれで、柔らかくもっちりとした食感...

つづきはこちら

沖縄でヴィーガン広がる 専門店が40店舗に拡大 沖縄ヴィーガン協会設立も

健康や環境、動物愛護の理由などから肉や魚介類、卵などの動物性由来の食材を食べないベジタリアン(菜食主義者)の一種「ビーガン」が沖縄で注目を集めている。現在県内に約40店舗のビーガン料理の専門店などがあり、面積当たりでは全国的に見ても上位の店...

つづきはこちら

ストレスたまってイライラしたら…この香りかいで 携帯用アロマ「香りのお守り」

アロマ製品販売の天然香房(沖縄市)は携帯用アロマ「香りのお守り」を開発し、5月3日から販売を開始した。天然精油を粉状にする新技術を活用し、携帯用アロマとしてさまざまなシーンで使用できる。県産シークヮーサーの精油を配合している。12日、那覇市...

つづきはこちら

採捕停止中のクロマグロ漁を水産庁が一時再開 60トン内 データ収集目的

大型クロマグロの採捕停止命令が5月20日に出された件で、水産庁は12日に「勧告停止命令」を出し、大型クロマグロ漁を一時再開する許可を出した。絶滅危惧種に指定されているクロマグロの資源データを集め、資源評価を行うことが目的で、60トン以内で採...

つづきはこちら

ゆいレール3両化 2023年度にも 総事業費は280億円

沖縄都市モノレール(美里義雅社長)が計画するゆいレールの3両化について、早ければ2023年度にも3両編成の車両を運行開始する見通しとなった。同社は22年度末ごろに新造した3両編成車両を導入予定で、システム試験や走行試験などに半年から1年程度...

つづきはこちら

沖縄県、JCBのカード利用情報を観光振興に活用

沖縄県とクレジットカード大手のジェーシービー(JCB、東京)は11日、「沖縄の観光振興に関する連携協定」を締結した。JCBは、クレジットカード利用者が県内でどのような消費行動を取っているかなどのデータを県に提供する。県はデータを分析して観光...

つづきはこちら

城下町でクラフトビール 首里「ウォルフブロイ」 来月末にも提供

ドイツ出身のウォルフラム・オーピッツさん(58)と千葉県出身の戸村由香さん(53)夫妻が、沖縄県那覇市首里池端町の龍潭通り沿いで、ジャーマンスタイルの本格的な自家製クラフトビールの製造、販売を始める。既にビール製造と販売に必要な免許を取得し...

つづきはこちら

きょうからテスト稼働 セブン沖縄 工場公開

コンビニ大手セブン―イレブン・ジャパン(東京都)の子会社セブン―イレブン沖縄(那覇市、久鍋研二社長)は11日、県内で総菜や弁当などを製造する浦添市の食品工場を関係者に公開した。工場は12日からテスト稼働を始める。施設は3階建てで延べ床面積1...

つづきはこちら

夏の人気商品今年も 野菜生活100沖縄シークヮーサーミックス 9月下旬まで全・・・

カゴメ(名古屋市)は11日から、沖縄県産シークヮーサーを使った季節限定商品「野菜生活100 沖縄シークヮーサーミックス」を全国で販売する。今年で発売10年目を迎える人気商品。価格は100円前後で、9月下旬までの限定で販売する。  シークヮー...

つづきはこちら

鮮やかなピンク色!県産イチゴと泡盛のクラフトジンが登場 瑞穂酒造が発売

瑞穂酒造(那覇市)は8日から、泡盛をベースにイチゴで香り付けをしたクラフトジン「ORI-GiN(オリジン)1848 ストロベリー」を発売している。鮮やかなピンク色の見た目とイチゴのほのかな味わいが楽しめる。初回は300本の限定生産で、那覇市...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 427