ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3450件

「日本一の食パン」乃が美はなれ開店 那覇に沖縄1号店

pan

全国各地で高級食パン専門店を展開する乃が美はなれ(大阪市)は9日、那覇市のおもろまちに沖縄県内第1号店「乃が美はなれ 沖縄おもろまち店」を開業した。たまごは使わず、カナダ産の最高級小麦粉やバターなどの素材を使用。焼かずにそのまま食べるのがお...

つづきはこちら

イチゴを水耕栽培 大宜味に植物工場 沖縄セルラー

itigo

【大宜味】沖縄セルラー電話(那覇市)の湯淺英雄社長は9日、大宜味村役場で会見し、11月から県産イチゴの新ブランド「美ら島ベリー」の水耕栽培を始めると発表した。大宜味村が建設した塩屋の企業支援賃貸工場に入居する。県内初の取り組みとして、ICT...

つづきはこちら

香港で沖縄県産食材活用を 現地シェフ来沖、魅力触れる

syoku

香港でレストランやバーなど約30店を運営する「カフェ・デコ・グループ」の料理長やバイヤーら5人が8日、沖縄ハム総合食品や比嘉酒造の招きで沖縄を訪れた。11日までの滞在期間中、農産物加工場やマグロの養殖場、泡盛酒造所などを回って沖縄産食材の魅...

つづきはこちら

オムライス、卵サンド、プリン…タマゴ料理の頂点は? 13日那覇で「第1回エッ・・・

egg

県内の人気飲食店10店舗が自慢のタマゴ料理で頂点を競う「第1回エッグ1グランプリ」が、13日午前11時から那覇市のてんぶす館前広場で開かれる。8月9日の「エッグの日」が10年目を迎えたことを記念した企画で、主催の県養鶏協会などが琉球新報社を...

つづきはこちら

「リゾートワーク」しませんか? コザの魅力、楽しんで発信を 観光客に1万円上・・・

koza

【沖縄】沖縄市観光物産振興協会(島袋隆会長)が、短期間リゾートを楽しみながら仕事をする「リゾートワーク」の誘致に力を入れ始めている。5日から県外在住の人が市内でリゾートワークする場合、1万円を上限に費用を補助する事業を始めた。主にITを活用...

つづきはこちら

在外公館のパーティーに泡盛 外務省が初採用、3ヵ月で200本注文

awamori

世界各地の日本大使館・総領事館などの公館が開く歓迎会や夕食会、パーティーなどに提供する酒類リストに、2017年度から琉球泡盛が登録された。泡盛が登録されたのは初めて。5月から約3カ月の間に200本近くの注文があり、外務省の担当者は「好スター...

つづきはこちら

「ステーキ88」海外進出 10月に香港、アジア展開へ

88

沖縄独特の食文化としてステーキを定着させてきた老舗で、外国人観光客からも人気を集める「ステーキハウス88」が今秋から海外に進出する。ステーキハウス88を経営する沖縄テクノクリエイト(那覇市、金城康次社長)は「88の日」の8日、アジア展開を担...

つづきはこちら

企業が求める人材は「素直さと協調性」 採用数増は4割 マイナビ沖縄調査

ryukyushimpo

マイナビ沖縄支社は5日までに、2018年春卒業予定の新卒者採用に取り組む県内企業の活動調査をまとめた。県内企業の40・6%が採用予定の人数を「増やした」と答え、全国平均を11・7ポイント上回って高い採用意欲を示した。  採用人数の確保でも「...

つづきはこちら

子牛が8年ぶり増加 2016年度は3万624頭 県家畜改良協会まとめ

kousi

沖縄の肉用牛産業の主力となる子牛の2016年度の登記頭数が前年度比1・5%増の3万624頭となり、08年度以来8年ぶりに増加したことが5日までに、県家畜改良協会のまとめで分かった。沖縄は全国4番目の子牛産地。生産頭数の増加は全国から牛を買い...

つづきはこちら

ミス沖縄らが観光月間PR 催し多彩

misuoki

沖縄に一番多く観光客が訪れる8月の観光月間をPRしようと、県文化観光スポーツ部の渡久地一浩観光政策統括官とミス沖縄スカイブルーの嘉数晴花さん、コバルトブルーの町田満彩智さん、クリーングリーングレイシャスの島袋愛梨さんが3日、琉球新報社を訪れ...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 6 345