ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3450件

ユーチューブで販促へ 沖縄県産品、県外拡大狙う 物産公社など

kousya

沖縄県外市場での沖縄特産品の新たなPR手法の開拓を目指し、県物産公社(島袋芳敬社長)など6社は県外のドラッグストアなどとタイアップし、動画投稿サイト「ユーチューブ」を使った販売促進策の展開に乗り出す。ユーチューブの動画CMはビッグデータを活...

つづきはこちら

沖縄シークヮーサー、安定供給へ果汁保存 通年販売も可能に

sikuwasa

沖縄シークヮーサーの消費拡大を目指し、JAおきなわが果汁在庫を数年分程度保管し、加工原料として安定供給する体制を整えている。季節限定で販売していたシークヮーサー果汁入り飲料が年間通して販売可能になるなど、全国的な市場展開にも動きが出ている。...

つづきはこちら

手でもブレーキOK 高齢者の踏み間違え防止 タイヤランド沖縄

taiya

自動車整備事業のタイヤランド沖縄(宜野湾市、高里健作代表)は、アクセルとブレーキの踏み間違えによる高齢者ドライバーの事故を防ごうと、手でもブレーキがかけられる補助レバーの取り付け事業を7月から始めた。障がい者向けの車両製品を開発するイタリア...

つづきはこちら

MICE効果確認 沖縄県内関係者、台湾施設を視察

mice

【台北で平安太一】14日に台北市で開催された「台湾・沖縄ものづくり連携セミナー」に参加した沖縄県内企業の関係者らが15日、台湾でMICE施設として実績のある「台北世界貿易センター」を視察した。施設の担当者はMICE効果として周辺地域の開発進...

つづきはこちら

アジア市場開拓へ連携 台湾で沖縄セミナー 相互協力策探る

itiba

【台北で平安太一】「台湾・沖縄ものづくり連携セミナー」(主催・台日商務交流協進会、県工業連合会、台湾経済研究院、南西地域産業活性化センター)が14日、台北市の台北国際会議センターで開かれた。沖縄県内や台湾の企業関係者らが参加し、沖縄と台湾の...

つづきはこちら

MICE開業半年延期 一括交付金決定遅れ、目標20年度末に

ryukyushimpo

沖縄県は14日、西原町と与那原町にまたがる中城湾港マリンタウン地区に建設する大型MICE(国際会議や企業の報奨旅行など)施設の利用開始目標時期を、2020年9月から20年度末までに先送りする方針を固めた。基本設計の財源である一括交付金の交付...

つづきはこちら

7月DIはマイナス9・1 県中小企業団体中央会調べ

ryukyushimpo

県中小企業団体中央会(津波古勝三会長)は14日、7月の県内各業種別の業況動向を発表した。前年同月に比べて業況が「好転」したと答えた組合から「悪化」したと答えた組合を引いた割合を示す業況判断指数(DI)は、全業種平均でマイナス9・1だった。マ...

つづきはこちら

トランクルームでゆうパック受付 荷物扱い ワンストップ 観光客が便利に 久茂・・・

toranku

那覇市久茂地でトランクルーム(貸倉庫)を運営するルス・アルコ・イリス(大城廷寛代表)は1日から、ゆうパックの取り扱いと郵便切手などの販売を始めた。トランクルームが、ゆうパック取扱所の認可を受けるのは県内で初めて。荷物の発送や受け取りがワンス...

つづきはこちら

VRで沖縄の物件を体感 プレミスト豊崎モデルルーム

vrdaiwa

大和ハウス工業(大阪市)とレキオス(那覇市)、レキオスホーム(同)は、建設中の分譲マンション「プレミスト豊崎シーアンドパークス」のモデルルームを豊見城市豊崎で19日に開設する。東京・浜松町のサテライトオフィスでは、9月から物件のPR素材に仮...

つづきはこちら

「ヤミ」一掃へ民泊新法 来春にも施行、課題も 条例で営業日数の調整可

yami

住宅の空き部屋などを旅行客に貸し出す際の民泊ルールを定めた「住宅宿泊事業法」(民泊新法)が6月に成立した。国のガイドライン制定などを経て来春にも施行される。沖縄でも修学旅行生を対象にした教育旅行型民泊や、那覇市を中心とした商業型民泊が普及す...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 345