ホーム  >  琉球新報

「琉球新報 」の記事一覧  3742件

地元ジャガイモで菓子開発 北大東中卒業生 県内で発売

北大東中学校を今春卒業した6人が在学中に、那覇市のいまいパンと協力して開発した「北大東じゃがいもビスコッティー」と「北大東ポテトサラダパン」がこのほど県内で発売された。地元産のジャガイモ「ニシユタカ」を使用している。  製品開発は「北大東の...

つづきはこちら

沖縄セルラー電話、東町にビル 自然エネ活用の最新型

沖縄セルラー電話(那覇市、湯淺英雄社長)は18日、那覇市東町のゆいレール旭橋駅前にデータセンター(DC)を併設したオフィスビルを建設すると発表した。地下水を活用した冷却の仕組みを導入するなど自然エネルギーを利用した「最新鋭のスマートオフィス...

つづきはこちら

ものづくりファンド出資 4千万円、淡水化装置を増産へ ワイズグローバルビジョン

海水淡水化装置などを製造販売するワイズグローバルビジョン(沖縄県うるま市、柳瀬良奎社長)は18日、沖縄県庁で会見し、県産業振興公社や県内4金融機関でつくる「沖縄ものづくり振興ファンド有限責任事業組合」から4千万円の出資を受けたと発表した。資...

つづきはこちら

OCVB、観光連携に登録 推進室新設 付加価値で向上図る

沖縄観光コンベンションビューロー(OCVB、平良朝敬会長)は、観光地形成に向けた市場調査や経営管理(マネジメント)を行う日本版DMOの広域連携DMOに正式登録され、18日、沖縄総合事務局で登録証を受け取った。登録は3月30日付。日本版DMO...

つづきはこちら

那覇空港→恩納村→海洋博公園まで2時間半 JTB・北部シャトルバス運行 多言・・・

JTB沖縄(那覇市、杉本健次社長)と北部観光バス(名護市、仲泊栄次社長)は18日、那覇空港から恩納村を経由して本部町の海洋博記念公園を結ぶ高速路線バス「沖縄エアポートシャトル」を5月23日から運行すると発表した。1日往復25便を運行する。ウ...

つづきはこちら

石垣牛、米国へ定期輸出 富裕層狙う ゆいまーる牧場

【石垣】石垣牛などを生産・販売する農業生産法人ゆいまーる牧場(沖縄県石垣市、金城輝美代表)が、石垣牛の米国への定期輸出を17日、開始した。石垣牛が米国向けに定期的に輸出されるのは初めて。同法人は今後、月1回ほどのペースで輸出する方針で、石垣...

つづきはこちら

ゲーム感覚で〝ちぎりタコスパン〟 ローソン沖縄と那覇商コラボ 「楽しんで食べて」

ローソン沖縄(浦添市)は17日、那覇商業高校生と共同で開発した新商品「ちぎりタコスパン」を発売した。県民に広く親しまれるタコスとパンを組み合わせた。三つにちぎれるパンのうち一つは辛口ソース入り。開発した生徒らは「ゲーム感覚で楽しみながら味わ...

つづきはこちら

沖縄の建築単価、工事費が復帰後最高額に 建設需要高まるも人手不足

南西地域産業活性化センター(NIAC、石嶺伝一郎会長)は16日、沖縄県内の建設投資の動向に関する分析結果をまとめた。2017年に県内で着工された全建築物の工事費予定額は前年比12・2%増の4994億円、1平方メートル当たりの建築単価は同1万...

つづきはこちら

県産シルク化粧品 クールジャパン選定 パリで1年間展示・販売

沖縄産の天然シルクを使った商品開発を手がける沖縄UKAMI養蚕(今帰仁村、仲宗根豊一代表)が開発したスキンケア商品がこのほど、優れた日本ブランドを海外に発信する「チャレンジローカルクールジャパンinパリ」の製品に選ばれた。県内事業所の製品が...

つづきはこちら

客船料理に沖縄食材 JAおきなわ、香港クルーズ社と提携 輸出拡大狙う

JAおきなわ(大城勉理事長)は10日、クルーズ船会社・ゲンティン香港と提携し、クルーズ船内で提供する料理食材として沖縄の農畜産物を供給する覚書を交わした。県産和牛やあぐー豚といったブランド畜産物など沖縄食材の海外での認知度を高め、将来的な輸...

つづきはこちら

1 2 3 4 5 375