ホーム  >  本・スキル

「本・スキル 」の記事一覧  98件

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?

価格の心理学 なぜ、カフェのコーヒーは「高い」と思わないのか?   本書では、価格戦略について「消費者の購買心理学」と「行動経済学」の観点からアプローチし、新しい価格設定の技法を解説します。お客は...

つづきはこちら

思考を広げる まとめる 深める技術

思考を広げる まとめる 深める技術   「アイディア」や「発想力」を題材にした本は多いのですが、どこか実践的では無いモノが多いように感じる中、本書は実際にアイディアや思考の広げ方を「33項目」に分類...

つづきはこちら

ストーリーとしての競争戦略

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件   経営戦略を考える中で最も基本的な「何を」提供し、「誰が」「なぜ」喜ぶのかを考え、1つ1つのアクションがストーリーとして流れを作り、他社が真似の出来ないサービスを継続...

つづきはこちら

毎日忙しい人にオススメの1冊。エッセンシャル思考。

エッセンシャル思考 最少の時間で成果を最大にする   本のタイトルだけを見ると、「時短」や「他人を巻き込む」的な、良くありがちな自己啓発本と思ってしまいます。本書はそんなビジネス本とは違い、仕事や生き方まで考えさせ...

つづきはこちら

出光興産の創始者、出光佐三の自伝的小説

海賊とよばれた男 百田 尚樹   出光興産の創始者である出光佐三がモデルとなっている経済歴史小説。 敗戦で全てを失った日本で日本人の未来のために、数々の困難を乗り越えていく主人公の姿が印象的な作品です。 ...

つづきはこちら

ビジネスで成功する最良の方法とは?

How Google Works (ハウ・グーグル・ワークス) ―私たちの働き方とマネジメント エリック・シュミット (著), ジョナサン・ローゼンバーグ (著), アラン・イーグル (著), ラリー・ペイジ (その...

つづきはこちら

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代

ハイ・コンセプト「新しいこと」を考え出す人の時代 ダニエル・ピンク(著者) 大前研一(訳)   今後10年の間に、ロボットに仕事が奪われる職種が多くなると言われていますが、 かと言って、ロ...

つづきはこちら

富士フィルムをV字回復させた世界が認める経営者

君は、どう生きるのか 心の持ち方で人生は変えられる   世界最大の写真用品メーカー「コダック」が倒産し、なぜ富士フィルムが生き残り、大胆な構造転換が出来たのか?本書は富士フィルム会長、古森重隆氏の経営に対する考えや...

つづきはこちら

Amazonで今一番売れてる「投資・金融・会社経営」本Top10

[Amazon.co.jp:投資・金融・会社経営]  ...

つづきはこちら

飲食店の開業前に読んでおきたい1冊。俺のイタリアン。

俺のイタリアン、俺のフレンチ   飲食店ビジネスは難しい。不景気だと言われているにもかかわらず、新規参入ですごく繁盛している「俺のイタリアン」。 ビジネスは「競争優位性」が特に重要だと考えている著...

つづきはこちら

1 4 5 6 7 8 9 10