「貧困大国アメリカ」日本の近未来を予言する一冊。

2014年5月8日

 

「1%」vs「99%」の構図が世界に広がる中、本家本元のアメリカでは驚愕の事態が進行中。
本書ではアメリカの格差社会の実態と、TPPでのアメリカ側の意図が分かりやすく書かれています。
 
「いまのアメリカの実態経済が世界各地で起きている事象の縮図であり、TPPなどを通して次は日本や世界各国にやってくるだろう。」
著者の言葉が印象的です。

目次
プロローグ
第1章 株式会社奴隷農場
第2章 巨大な食品ピラミッド
第3章 GM種子で世界を支配する
第4章 切り売りされる公共サービス
第5章 「政治とマスコミも買ってしまえ」
エピローグ グローバル企業から主権を取り戻す
あとがき